あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

良いところが印象に残ったというよりは、単価が高く費用がかかることや、飲み始めは症状が悪化したり吐き気やめまいで仕事ができなくなるといったことがあると聞いていたので、薬を変えるときはかなり身構えて細心の注意をはかり、わたくし自身もしばらく有休をとって治療をいたしました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2006年10月
SSRIジェイゾロフト25

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

症状が100パーセント完治したといえないため。

副作用

治療履歴

2006年リーゼ
2007年リーゼ
セロクエル25
2012年ジェイゾロフト25
リーゼ

病気と症状について

初めて発作を起こしたのは風呂に入っている時でした。ダイエットをしようという安易な考えから、長時間湯につかっていて、のぼせてしまい、激しい動悸がおさえられず、気を失いそうな感じになり、このままでは死んでしまうのではないかという気持ちが制御できなくなり救急車を呼び近くの病院に搬送されました。自律神経の異常だと思っていましたが、その時は一通り検査をしましたが特に悪いところは見つからず、不安な状態のまま帰宅させられました。
その日を境に不調が続き、狭いところや、渋滞、直ぐに退出できない状況に追い込まれる結婚式や葬式、飛行機なども、腹の不快感や、息苦しさ、動悸、硬直、どうにかなってしまうのではないかというコントロールできないことがおそろしくなってしまうようになりました。何件目かの病院にて、医師から社会的不安障害、パニック障害と告知されました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

朝の通勤の際、満員電車に乗ると過呼吸と吐き気を起こすようにな...

(続きを読む)

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

良いところが印象に残ったというよりは、単価が高く費用がかかることや、飲み始めは症状が悪化したり吐き気やめまいで仕事ができなくなるといったことがあると聞いていたので、薬を変えるときはかなり身構えて細心の注意をはかり、わたくし自身もしばらく有休をとって治療をいたしました。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

副作用もあったが、確かな効き目を感じることができました。副作...

(続きを読む)

速効性がありました。飲みはじめた翌日にはスッと気持ちが落ち着...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

2012年にジェイゾロフト25(SSRI)を始めるまえは、めまいや動悸が一番ひどかった時期だったのですが、仕事を少しお休みしてジェイゾロフト25を始め、2週間くらいでめまいや動悸がすることはなくなりました。せまいところや、飛行機、結婚式や葬式なども、だいたい1年後には、緊張はしますが大きな発作もなく参加できるようになっていました。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

行動療法というものです。発作が起きた場所やシュチュエーション...

(続きを読む)

服用を開始して数日で、睡眠が深くなりました。飲みはじめた翌日...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

3年4か月

治療に関する費用

ジェイゾロフト25 1か月分 リーゼ 1か月分 あわせて3000円くらい

副作用について

飲み忘れたときは体調が悪くなるが、セロクエルよりもよっぽど眠気もなく、軽快にすごしておりました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

投薬後数日で吐き気、頭痛がありました。2週間後には少しづつ慣...

(続きを読む)

ありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

いまや日の光を浴びておりますが、パニック障害はお医者様にもなかなか診断してもらえず、内臓疾患の検査を何度も受けさせられてbしまうことが多かったです。特定の病院で問題なしと言われた場合はパニックを疑って自分からお医者様に精神疾患の相談をしてみるほうがより早く、適切な診断と適切な処置や治療をしていただけます。それから、安定剤だけでは根本的な治療にはなりません。完治させるということに焦点を置いて、SSRIは大変有効だと思います。西洋医学だけでなく、東洋医学もとりいれてみてもいいかとおもいます。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

症状が出てからしばらくは、吐き気が強かったため内科を転々とし...

(続きを読む)

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月04日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす