あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

やはり、薬を飲んでいるから大丈夫なのだという気持ちもあったのでしょう。実際に不安な気持ちも和らぎました。ただ薬で落ち着かせるというのは悪化を防ぐということで、心の奥底にあるわだかまりや不安と対峙してそれを乗り越えていかなければ根本的な解決にはならないということを身をもって知りました。パキシルは有効でしたが、長期的に続けるともっと強い安定剤を求めるようになるので、短期治療である程度治さないと重度の症状になるのではないかと思います。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2005年2月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

薬を飲むことによって、精神が落ち着いたので、病院にいって治療してよかったと思います。

副作用

治療履歴

2005年2月
デパス
パキシル
加味逍遥散
2006年5月
パキシル
加味逍遥散

病気と症状について

仕事中、自分がいまどこにいるのか、何をしているのか現実感がなくなるということが何度も起きて、病院を受診しました。毎日仕事に向かう電車の中では無になり、仕事場につき数時間が過ぎると襲ってくる何か。ここはどこなんだろう、いま自分は何の仕事をしていたんだろうと、急にわけがわからなくなりました。周囲に知られないように平静を装うのに疲れ、家族の勧めもあり病院へ行くとパニック障害といわれ、薬と漢方を処方されました。(PMSもあったため漢方役がでました。)

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

朝の通勤の際、満員電車に乗ると過呼吸と吐き気を起こすようにな...

(続きを読む)

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

やはり、薬を飲んでいるから大丈夫なのだという気持ちもあったのでしょう。実際に不安な気持ちも和らぎました。ただ薬で落ち着かせるというのは悪化を防ぐということで、心の奥底にあるわだかまりや不安と対峙してそれを乗り越えていかなければ根本的な解決にはならないということを身をもって知りました。
パキシルは有効でしたが、長期的に続けるともっと強い安定剤を求めるようになるので、短期治療である程度治さないと重度の症状になるのではないかと思います。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

副作用もあったが、確かな効き目を感じることができました。副作...

(続きを読む)

速効性がありました。飲みはじめた翌日にはスッと気持ちが落ち着...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

パキシルは軽めの薬でしたが、私には効き目があり、パニックになることはなくなりました。また漢方薬の加味逍遥散も飲み続けることにより、楽になったようにおもいます。現在は両方とも飲んでいません。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

行動療法というものです。発作が起きた場所やシュチュエーション...

(続きを読む)

服用を開始して数日で、睡眠が深くなりました。飲みはじめた翌日...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

1年

治療に関する費用

薬代で3000円ほど

副作用について

のどが渇くといったことはありましたが、とくに辛いことはありませんでした。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

投薬後数日で吐き気、頭痛がありました。2週間後には少しづつ慣...

(続きを読む)

ありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

現実感がなくなるのは、突然襲ってきます。仕事場では今なにをしていたのかわからなくなり、スーパーで買った食材をカゴからレジ袋にしまうのに、どうやったらいいかわからないのです。そんな自分が無意味な存在に思えて、頭がおかしくなった、まわりの人間も自分を変だと思っているかもさ入れない、と益々どうしていいかわからなくなりました。
仕事は休めなかったので薬を飲んでいるから大丈夫だとお守りのようにおもっていました。スーパーでは食材を入れるときに心の中で数を数えながら入れるようにしました。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

症状が出てからしばらくは、吐き気が強かったため内科を転々とし...

(続きを読む)

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす