あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

医師に勧められての服用だったが、私には、全く合わず、合わない薬を飲むコトがあんなにシンドイとは思わなかった為

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2006年6月
SSRIパキシル

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

ちょうど新幹線に乗っていたのですが、自分の中から湧き上がる何かが何なのか分からず、もう二度とあんな目には会いたく無いです。

副作用

治療履歴

パキシル、デパス、リーゼ、レキソタン、スルピリド、ジェイゾトロフト、エビリファイ

病気と症状について

ちょっと、心に引っかかるコトがあるとそれがどんな小さなコトでも、ソワソワして自分が何処で何をしているのかわからなくなる(パニック発作)。
また、新幹線に乗った際特に別に不安等は無いはずだが、パニック発作と似たような症状に成るコトがある。
最初は、内科に行くも、強いクスリを出してくれて、それが、トコトン合わず。心療内科に通い始めるそこで初めて「パニック障害」と知る。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

息苦しさ、めまい、電車に乗っているだけで、体験したことのない...

(続きを読む)

それは突然やってきました。ある時、電車に乗って彼氏と出掛ける...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

医師に勧められての服用だったが、私には、全く合わず、合わない薬を飲むコトがあんなにシンドイとは思わなかった為

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

良いところが印象に残ったというよりは、単価が高く費用がかかる...

(続きを読む)

ジェイゾロフトはパニック症候群などの治療に1番使う薬だそうで...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

いやな経験を踏まえて、意を決して心療内科に行きました。早く行けば良かったと後悔しました。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

2012年にジェイゾロフト25(SSRI)を始めるまえは、め...

(続きを読む)

1週間ほど体に合うかを見るためにも飲んでみましたが、体に合っ...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

1週間

治療に関する費用

1000-

副作用について

パニック発作が起きました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

飲み忘れたときは体調が悪くなるが、セロクエルよりもよっぽど眠...

(続きを読む)

薬が自分の体に合っていたので副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

心療内科もだいぶ増えて来たけれど、行きずらい事には変わり無いと思います。
でも、内科は内科です、心療内科では無いのです。正しい判断のできる人のところで、早くに治療を受ければ、早く良くなると思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

お仕事や家事などで、忙しく、どうしても寝てばかり居られない人...

(続きを読む)

デプロメールは一度服用し突然辞めると症状が悪化してしまうとい...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす