あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

治療を開始した時点で注目されていたので、SNRIの併用療法を行いました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2012年7月
SNRIサインバルタ,リフレックス

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

クスリの副作用はそれなりにあったが社会復帰を果たすことが出来たから。

副作用

治療履歴

病院受診当日
サインバルタカプセル20mg
アモバン錠7.5mg処方(これは現在まで変わらず)。
2週間後再診時に
サインバルタカプセル40mgに増量。
4週間後再診時に
サインバルタカプセル60mgに増量。
2ヶ月と2週間後再診時に
サインバルタカプセル60mgにリフレックス錠15mgの併用処方になる。
その後症状改善して初回受診の半年後に復職し1ヶ月毎再診となり徐々にクスリを減らし
サインバルタカプセル20mg、リフレックス15mgまで減った所で「この量を維持量として数年様子を見る」という治療方針になり2015年6月現在、同処方を受け続けている。

病気と症状について

2012年春から肩こり・首の痛みと夜眠れなくなる症状が出現。徐々に朝も起きられなくなり出勤困難になる。
肩・首の痛みも段々ひどくなっていき2012年7月の朝、首の痛みと死にたい感情でパニック状態を起こして出勤出来なくなり職場の上司の自宅訪問を受け病院を受診。
「中程度のうつ状態・パニック障害」の診断で2週間休務の診断書が発行される。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

朝の通勤の際、満員電車に乗ると過呼吸と吐き気を起こすようにな...

(続きを読む)

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)を選んだか

治療を開始した時点で注目されていた併用療法だったから。

参考:他の人がSNRIを選んだ理由は...?

何よりも1番心配だったかろうじて健康体を保っていた身体への服...

(続きを読む)

他の人がSNRIを選んだ理由をもっと読む

SNRIとは

セロトニンを増加させることで不安を和らげ気分を楽にし、ノルアドレナリンを増加させて意欲を高めます。
抗うつ薬のひとつで、SSRIの効果がみられなかった場合や、副作用の影響が強い場合の第二選択薬として使用されます。
日本で認可されているSSRIには「デュロキセチン塩酸塩」「ミルナシプラン塩酸塩」「ベンラファキシン」があります。

「SNRI」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

ブログ
kyupinの日記
気が向けば更新
(精神科医のブログ)
http://ameblo.jp/kyupin/
改訂
精神科養生のコツ
神田橋
條治
岩崎学術出版社

SNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)の効果について

初回受診時に「サインバルタカプセル20mg」と睡眠薬数種類の処方を受け2週間後の受診で40mg、その後2週間後(初回から4週間後)の受診で60mgまで増量する。
億劫な気持ちは少しずつ改善していったが、自分でも抑えられないイライラが出たりとクスリを増やす毎に不安定な部分も出てきた。
この処方のまま2ヶ月様子を見たが効果不十分の為、初回受診から2ヶ月半後に「リフレックス15mg」が追加となる。
この処方になってからイライラは落ち着いて症状は改善して安定していき半年後に職場復帰する。
働きながら徐々にクスリを減らしていったが「数年単位で再発のおそれがある」ため、現在もサインバルタ20mgとリフレックス15mgの服用は続けている。

参考:他の人が感じたSNRIの効果は...?

パニック障害による嘔吐反射発作・過呼吸などの辛い症状を軽減さ...

(続きを読む)

他の人が感じたSNRIの効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間:2年

治療に関する費用

診察料月2000円弱 投薬量 約月1000円

副作用について

サインバルタ投与後初日から吐き気や下痢等の消化器症状が有ったが1周間程で改善。代わりに汗を書きやすくなったり脈が早くなったりという症状が出た。
またサインバルタを20→40mgに、また40mg→60mgに増やして1週間位後に焦燥感やイライラが増す感じが出た。
リフレックスを併用してからは上記の副作用は全て改善したが投与後から半年で体重が10kg増えた。

参考:他の人が感じたSNRIの副作用は...?

服用を少量から開始して以降、すぐに酷い眠気、便秘、急激な体重...

(続きを読む)

他の人が感じたSNRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

心の病で病院に掛かることがまだまだ市民権を得ていないので自分の努力で何とかしようとしがちだけれど、一度病気が始まってしまうと自分では抜け出し難いのも事実なので辛いかなと思ったら病院に掛かる事が最終的に自分のためになる。
しかし実際にまだまだメンタルクリニックや精神科に掛かることへの偏見はそれなりにある事を覚悟しておく必要はあると思う。
会社で昇進したかったり一般的な生命保険に入りたかったりという時などにハンデを感じる事はある。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

症状が出てからしばらくは、吐き気が強かったため内科を転々とし...

(続きを読む)

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす