あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

パニック症(パニック障害、PD)の体験談

抗不安薬がとても効いて、寝ることへの恐怖感もなくなってきました。レキソタンの量も減っていき、最終的には頓服だけになりました。現在は全く症状はありません。

患者との関係:本人患者:20代男性治療時期:2008年7月
満足度

話をよくきいてくれる先生で、安心して投薬治療できましたし、三ヶ月で治ると言われ本当に治ったので満足です。

副作用

治療履歴
関連する治療法:抗不安薬

一日三回、レキソタンを内服し、頓服でセルシン。就寝時にはレンドルミンを処方されました。

病気と症状について

大きな発作のようなものを体験する少し前から、仕事中、外出先、就寝時などに動悸を感じるようになりました。1分間に120を超える動悸でした。
そのような事が度々あってから旅行中に渋滞中の高速道路で初めて大きな発作を体験しました。それは動悸、息苦しさ、冷汗、めまい、不安感などの症状でした。
ほどなくして今度は就寝中に突然目が覚めて、同じような症状にみまわれました。次の日の夜も同じことが起きました。布団に入ると息が出来なくなるような感じがして、布団に入ることすら出来なくなり、眠ることが怖くなりました。
何かがおかしいと思い、内科など受診しましたが、異常はありませんでした。
次第に日中も同じような症状が出るのではないかと思うようになり、外出が怖くなりました。とにかく、夜だけでも恐怖感に襲われることなく眠りたいと思い、精神科を受診しパニック障害と診断されました。

なぜ抗不安薬を選んだか

先生からの提案されたからです。

治療法を決めるために参考にした情報

特に参考としたものはなかったです。

抗不安薬の効果について

薬がとても効いて、だんだん夜寝ることへの恐怖感もなくなってきました。レキソタンの量も減っていき、最終的には頓服だけになりました。現在は全く症状はありません。

他に検討した治療法

SSRI

治療期間

治療期間:3ヶ月

治療に関する費用

薬代約2,500円くらいだと思います。

副作用について

内服後の眠気や、口の渇き程度でした。

治療を受けた病院について

足立医院

パニック症を患っている方へのアドバイス

自分が精神科に通院するとは思っていませんでした。
実際どうしてこのような病気になったのかもよくわかりませんが、治すために、通院して薬をしっかり飲むということは、風邪をひいて病院に行くことと何の変わりもないということが、自分で経験してみてわかりました。
薬を飲む事に抵抗があったり、受診すること自体に抵抗があるかもしれませんが、きちんと治せば今までの生活を取り戻せるのです。焦らずゆっくりという気持ちの持ち方もとても大事だと思います。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。

掲載日:2016年01月25日
気になる点を報告

パニック症について実際に質問してみる

パニック症の体験談をもっとさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす