あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

最初は効かなかったので抗不安薬の量を増やした所、電車や車には乗れるようになりました。

患者との関係:本人患者:10代以下男性治療時期:2006年7月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

効いてはいるのですが治らなく、薬がないとパニックを引き起こしてしまう為です。

副作用

治療履歴

薬物療法で最初はレキソタン(抗不安剤)とお腹を下す事が多かったので、それに聞く漢方(お薬手帳を紛失してまして、分かりません。)を処方してもらってました。
うつ病っぽい時と吐き気を起こすようになってからは、レキソタン、アビリット(今はスルピリド、どちらもドグマチールの種類の抗うつ薬です。)、ナウゼリン(吐き気止め)を処方してもらっています。

病気と症状について

最初は15歳の時に学校からバスで自宅に帰る所、中年の男性が乗りすぐその場で倒れてしまいました。
その時に動悸、寒気、冷や汗、腹痛、吐き気等を感じバスを降りました。
それからバスや電車に乗ると症状が頻繁に起こすようになりました。(特に食事をした後に乗ると必ず起こしてました。)
健康診断で最後の問診で医師に話したところ、自律神経失調症ではないかと言われました。
一度、自分で克服したのですが、23歳の時にバイトでの1名のスタッフと上司に今で言うパワハラを受け再度症状が復活してしまった為、心療内科に通う事にしました。
最初は動悸と寒気、冷や汗は一緒で腹痛(お腹を下す)があったのですが、25歳に胃腸炎にかかってから腹痛は無いものの吐き気に襲われる事が多くなりました。
交通機関は特に起こりましたが、徐々にバイト先や家でも起こる事が出始めました。
医師には問診のみでどんな病気かは言われなかったのですが、ある事情で診断書が必要な時があり書いてもらった時は不安障害と記載されていました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

初めて症状が出たのは、1999年12月でした。バイト中体調が...

(続きを読む)

その日は少し寝不足で朝から動悸がするなあと感じていました。な...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

医師の診断通りの方法です。
他の治療法は思い浮かばなかった為、医師に頼っていましたので薬物療法になりました。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

頓服として処方されたのがレキソタンでした。 時々、大きなス...

(続きを読む)

薬の長期服用は難しいとの事だったので、一人になる時間帯に寝る...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

片っ端からインターネットで色々なサイトを見て調べたので、参考にしたURLはわかりません。
書籍等のものは見てなく、ネットだけの情報です。
その頃の治療法は薬物療法しか載っていませんでした。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

最初は効かなく、量を増やした所電車や車には乗れるようになりました。
ただバスだけは最初の発端でしたので、今でも乗ると薬を飲んでいてもパニックを起こします。
現在も薬を飲まないと電車や車にも乗れないので服用してます。
あと出かける際、服用も必須ですがキチンと持ち歩かないと不安で外に行くときは必ず薬は持っていきます。
かかりつけの内科の医師にもお話しして、状況を把握してもらって薬を処方していただいてます。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

具体的な治療法はありませんでしたが先生との会話の中で元気を頂...

(続きを読む)

その後は、他に女性特有の病気を併発し、ホルモンバランス崩れに...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間は2006年7月から現在進行形です。

治療に関する費用

通院(1,500円位) 薬代(1,200円位) どちらも1ヵ月分です。

副作用について

最初の服用時から眠気のみでした。
普段から長時間寝る方でしたが、それ以上に増えました。
仕事中は耐えれますが、家にいると寝てしまいます。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

副作用は特に感じたことはありませんでした。 眠気が少しくる...

(続きを読む)

眠気は酷かったですか、生活に差し支えることはありませんでした...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

薬物療法は心療内科の大野クリニック(予約なし)というところです。
現在は愛知県に引っ越しして探したところ、どこも予約制でなかなか時間も取れない為、現在のかかりつけの小出クリニックという内科で同じものを処方してもらってます。(逆流性食道炎とともにです。)

パニック障害を患っている方へのアドバイス

やっぱり医師とのコミュニケーションも大事だと思いますし、どういった内容の治療法を提示してきても一度は試してみて、ダメなら違う方法を医師と相談することが良いと思います。
私も色々医師に相談しつつ今の薬物療法で、生活リズムを整えていけば治ると信じて治療してます。
実際、薬には頼らず(当時10代だった為、良く知りませんでした。)周りの人に支えられ、一度は克服しています。
あとは周りに相談出来る家族や友達がいると尚更治りが早いと思います。
私の場合、理解者が周りにいなかったので薬に頼るほかなかったのですが、理解者と生活リズム、自分に合う医師を見つけ最適な治療法を見つけるのが大事だと思います。
一番は理解者(人間関係含む)がいて支えになってくれることが一番かな?と思っています。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

パニック症は早期に治療を受けることで治りも早いのだと思います...

(続きを読む)

パニック障害は不安が原因で過呼吸や動悸を引き起こします。症状...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす