あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

それまで副作用で眠気が強く出たのですが、15mgにしたところ非常にバランスが取れていて、「薬の、その人にあった量とはこういうことなんだな」と思ったため。

患者との関係:本人患者:20代男性治療時期:2004年12月
SSRIパキシル15mg

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

やはり徐々に減薬していくのが理想なので、将来的なことを見据えて、大変満足にはしませんでした。

副作用

治療履歴

2004年12月から
パキシル10㎎、ソラナックス?mg
2004年3月からパキシル20mg、ソラナックス?mg
2010年ごろよりパキシル15mg

病気と症状について

それまできちんと向き合って来なかったのですが、小さいころから嘔吐恐怖があり、周囲の友達と比べると大分少食で食後に予期不安から吐き気を催すことも多かったため、就職するにあたり健康に長く働いていくために診療内科を受診しました。
病気の重症度については言及はなかったのですが、他の方の体験などを見ると比較的軽度だったのかなと思います。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

それは突然の事でした。 普段から通っているラーメン屋で食事...

(続きを読む)

2015年春 背骨の中心の痛み、背中の筋肉の痛み、腰痛、肩...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

それまで副作用で眠気が強く出たのですが、15mgにしたところ非常にバランスが取れていて、「薬の、その人にあった量とはこういうことなんだな」と思ったため。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

SSRIを使用することで脳内のセロトニンを増やすことができる...

(続きを読む)

副作用もまるでなく私には合った薬なのだと感じました。最初は不...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

いろいろ言われることもあるこの薬ですが、私にとっては本当にありがたい、助けていただいた薬でした。
感覚ですが、神経のトゲトゲを静かに静めてくれ、心の防御力を高めてくれたような印象を持ちました。
現在では嘔吐恐怖はなくなり、残っていたパニックの症状も自分でコントロールできるようになってきました。
減薬はパキシルを10㎎に減らすと、気持ちが下降気味になりまだ上手くいきません。罹患の期間にもよりますが、長いスパンで減薬していかなければならなそうです。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

治療開始後2ヶ月程で効果を感じ始め、半年程で仕事や外出時の不...

(続きを読む)

やはり薬の効果は大きいと思います。あとは薬はお守りのように手...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

5年間

治療に関する費用

1か月1400円程度

副作用について

眠気。パキシル20㎎で強く感じました。
あと、全体的にドライになり、感動しづらくなった。
簡単なもの忘れが増えた(生活に支障はない程度ではあった)

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

治療開始後1週間から2週間の間に便秘になりましたが、その後改...

(続きを読む)

まるでありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

長いスパンでしっかり自らの病気と向き合う手助けをしてくれる薬です。私はこの薬を服薬してQOLが上がったと思います。今現在に至るまで10年間、元気に楽しく働くことができていますので、大変感謝しています。
くれぐれも、薬頼みではなく、時間をかけて自分を知っていくというスタンスでいれば、必ず良くなります。
あと私の失敗談から…
自己判断で急に飲むのを止めるのは絶対やめた方がいいです。元気な気がしてしまうのですがダメです。私の場合はうつのような症状と強い不安症状が何ヵ月か後に風邪をひいたときに来ました。
20mgから断薬しました。
徐々にやめていくのが鉄則なので、そのような長い期間付き合っていこうと意思かがない人は向かない治療法かもしれません。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

まず第一に言えることは、家族や友人の理解を得られるかどうかだ...

(続きを読む)

私自身メンタルは強いと思っていましたし、明るく社交的で飲んだ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年11月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす