あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

パキシルを長く飲んできていて、体調的に止めれそうでも、2~3週間で止める時の副作用がキツクて止めきれずを繰り返していた時に、セカンドオピニオンでパキシルをジェイゾロフトに切り替える事を進められて、半信半疑でしたが、1~2週間そちらに変えただけで、副作用なく止めることができたので。パニック障害はどうしても繰り返してしまうので、また薬に頼らなければならなくなった時には、効くけど止めやすいジェイゾロフトを医師に相談すると思います。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:1999年7月
SSRIジェイゾロフト

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

気持ちの上で楽になると思いますが、パニック障害はどうしても最後はトラウマを取る行動療法をしないと薬だけでは治らないので、(末期症状まで行ってしまった場合だけかもしれませんが)どうしてもあの恐怖を考えると薬だけで治りたい私としては大変満足とは言えないです。

副作用

治療履歴

コンスタン(2か月ほど)→パキシル(12~13年)頓服でソラナックス→ジェイゾロフト(1ヶ月)頓服ソラナックス
メイラックス(4年)頓服レキソタン

病気と症状について

あとで思えば、色々な症状が出始めていたのですが、その頃はハードな仕事をしていたため、仕事疲れだと思っていたので、気にもしていませんでした。
が、それから何か月もたった頃に出先で、ほんとに何の前触れもなく、急に意識が遠のき吐き気に襲われ何とも言えない症状に襲われました。一瞬パニックになりましたが、その時は一緒に居た人に人気のない所に引きずるように連れて行ってもらったらすぐに落ち着いたので、気にもとめませんでした。
しかし、トラウマにもなった感じもなかったのに、次の日から急に全く家から出れなくなりました(玄関を開けるだけで非現実感に襲われ恐怖心から立ってもいられなくなったため)そして、そのうちに、四六時中、息苦しくて生きているのが辛くなっていきました。それでもまだパニック障害という病気が全く耳にもしたことのない時代だったことと、今ほど、心療内科も行きやすい場所ではなかった事などから、気の持ちようだと思い、何年か耐える日々を続けました。
が、とうとう今度は外出だけではなく、家でも1人で過ごすことに恐怖を感じ、家族が仕事へ行くにも泣き叫んで止める日々に、家族もお手上げとなり、初めて心療内科を受診することになりました。
ある程度、ネットで調べてたので、「パニック障害だね」と言われ、やっぱりという感想でした。すぐに受診をせずに、薬も服用してなかったので、すでにだいぶ重度からの病院通いとなりました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

8月の暑い日、好きなミュージシャンのファンクラブイベントでラ...

(続きを読む)

初めは、仕事に出勤しようとすると、いろんな不安に見舞われるこ...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

パキシルを長く飲んできていて、体調的に止めれそうでも、2~3週間で止める時の副作用がキツクて止めきれずを繰り返していた時に、セカンドオピニオンでパキシルをジェイゾロフトに切り替える事を進められて、半信半疑でしたが、1~2週間そちらに変えただけで、副作用なく止めることができたので。
パニック障害はどうしても繰り返してしまうので、また薬に頼らなければならなくなった時には、効くけど止めやすいジェイゾロフトを医師に相談すると思います。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

パロキセチン錠は自分にぴったり合う度合いを見つけながらお薬を...

(続きを読む)

費用が他の治療より安かった。...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

その時々に応じたパニック障害の薬はないか、一人でも多くの人の体験を聞きたくてネットで調べていました。
特に(妊娠、出産、授乳)などの時に使える薬はあるのか、飲みながら産んでどうだったのか、先生によって違うし、ネットでも色々な意見がありすぎますが、より多い意見を参考にしたりしてました。

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

病院へ通い始めてから17年ほど飲んでますが、(間飲まない期間あり)、やはり止めると飲んでいるときは効いているんだなと感じますが、飲み続けているときは、恐怖が完全に消えることはないです。
正直、一生飲み続けていかなければいけない薬かなと私自身は思っています。今、出産を終えたばかりなので、現在は飲んでいませんが、もう少ししたら、ある程度行動できるようになるように、またSSRI飲み始めようと思っています。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

効果が出るまで少し時間はかかりますが、確実に変化がでて前向き...

(続きを読む)

パニック発作が起きた時の頓服薬として、パキシルとソラナックス...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

他に検討した治療法

森田療法

治療期間

妊娠、出産などを挟み、薬を飲んだり止めたり、マイペースに治療してるので、残念ながら継続中です。
ですが、薬を飲むと行動できる範囲が広がったり、気持ちの面はかなり落ち着きます。ので、キチンと続けて行動療法も取り入れれるようになれば、かなり改善できるのではないかと思います。

治療に関する費用

1回病院が1400円から1700円くらい。 薬は量によって違うと思いますが、私の場合は500円前後です。

副作用について

一番最初にパキシルを飲んだ時には、飲んだ次の日に、半身にしびれを感じ、動かなくなるのではないかと怖くなったくらいでした。最初の病院ではそのような症状は聞いたことがないと説明されず不安になりましたが、変えた病院では丁寧に説明してくれて安心できました。
分からない医師もいるくらいなので、ほんとに稀だと思いますが、これは薬を飲むことにより、急に血糖値が上昇するために起こる症状だったようです。1日1回1錠飲み始めていた薬を、朝、夕と半錠ずつにして飲んで慣らしていきました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

お薬が合わない時は朝など身体が重くなり、コントロールするまで...

(続きを読む)

パキシルを飲んでもパニック発作は治まらなかった。副作用はひど...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

門真市の病院(コンスタン)
鶴橋の病院(パキシル、ソラナックス)
寝屋川市の病院(ジェイゾロフト、ソラナックス)
枚方市の病院(メイラックス、レキソタン)

パニック障害を患っている方へのアドバイス

パニック障害は通うところが心療内科なので、気の持ちようと思われがちですが、脳の分泌障害である事が今では分かっています。
気持ちの持ちようでは治りません。そして恐怖心が強くなればなるほど、治らなくなります。私のように最終段階までいかないように、少しでもおかしいなと思ったら早めに病院へ行ってください。もっともっと辛くなる前に!!

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

この不安が突然襲ってくる感覚や呼吸が苦しくなる感覚は経験した...

(続きを読む)

家族の理解あっての治療と、薬を飲んでいるから大丈夫っていうよ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年10月20日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす