あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

前回の病院で治療に失敗したため薬を最小限にした事が決め手ですね。

患者との関係:本人患者:30代男性治療時期:2009年4月
ベンゾジアゼピン系抗不安薬パキシル,ヒルナミン,リボトリール,漢方

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

普通に生活できるレベルまで戻ったため

副作用

治療履歴

一貫して薬(パキシル・ヒルナミン・リボトリール・漢方)による治療です。
緊急時のみ点滴です。

病気と症状について

発祥当時、毎日夕方になると不安感や手足のしびれ・胸の圧迫感・被害妄想などの症状が現れ、病院を受診するも病名が不明のまま数か所の病院をまわりました。
やっと名医にパニック障害と診断され精神科を紹介されるも薬の過剰処方により錯乱状態に陥りました。
そこで総合病院内にある精神科を受診して即入院し、そこからまともな治療がスタートしました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

上長の判断で歳上の先輩より自分がリーダーとしてチームで仕事を...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

前回の病院で治療に失敗したため薬を最小限にした事が決め手ですね。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

医師に勧められたから...

(続きを読む)

症状が辛く、体が動かず、せめて子供たちの前だけでも普通の母親...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

特にありませんでした。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

パニック発作で入院後、通院で薬処方をしていただいてます。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

パニック障害と診断されて1年間は仕事を休みました。薬を服用し...

(続きを読む)

始めの一週間は効果が感じられず、なかなか起きていられずにいま...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

現在も治療中です。

治療に関する費用

1万円

副作用について

副作用は今のところありません。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

4か月ほど服用続けている間、良くなったと思い医師の相談せずに...

(続きを読む)

症状がとにかくひどかったため、副作用と思われるものは感じませ...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

パニック発作は様々な症状が出ますが、それに応じて薬を飲みすぎると余計に病状が悪化します。
すぐに薬ばかり出す医師は、私はあまりおすすめできません。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

早くとにかく病院にいくこと。同じように苦しんだ人がこんなに来...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年10月02日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす