あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

今ではこれがないとまともな生活もおくれていないので現状一番効果のある治療法だとは思っています。

患者との関係:本人患者:20代男性治療時期:2014年12月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

確かに効果のある薬はあるのですが、意味のない薬は効果がないどころか余計に体調を悪化させる要因になってしまうこともあり、自分自身完治にはいたっていないのでこの満足度に設定しました。この症状になってから精神的な薬を服用する事は自信の体調と相談しながら医師との連携をしっかりとるという事が大切で良い医師と巡りあえるかどうかというのも非常に重要な事だと感じました。

副作用

治療履歴

最初に受診した病院では、パキシルとレキソタンを処方されましたが自分にはパキシルが合っていなかったようで吐き気が増長されただ辛く、止める時も解脱症状でかなり辛い思いをしました。
レキソタンは1mではあるものの効果時間が長くかなり助けられました。
それからも何度か薬を変えて行きましたがいまいち改善には至らず、最近違う病院に通うようになりそこで漢方薬の半夏こうぼくとうとレキソタンを使いながら根気強く治療していこうという方針に変えいま現在も治療中です。

病気と症状について

それは突然の事でした。
普段から通っているラーメン屋で食事をとっていて、その後急ぎの用があったため若干急いで食事を終わらせたところ、強烈な吐き気に襲われ、トイレに駆け込みもどしかけたのですが喉元でとまってしまい上手く吐く事が出来ませんでした。
それからというもの吐き気に対して強烈な恐怖心を抱いてしまい、それまではほとんど意識した事のなかった公共機関や人の多い所で吐き気に対する恐怖を覚えるようになり、次第に車や逃げられないような状況での緊張する場面で吐き気から動悸が起こるようになり、まともに日常生活を送るのも困難になっていきました。
最初は喉になにか異変があるのかと思い胃カメラや(入れるときに吐き気が起きてパニックになり過換気症候群を起こしました)ctを撮ったりしましたが特に異常はなく、先生から精神的なものだろうということでデパスを処方されました。
抗不安薬にかなり抵抗があり処方されてからもしばらくの間飲むのをためらっていたのですが、どうしても耐えられなくなってとりあえず飲んでみると驚くほど体が楽になり吐き気の症状もあまり出なくなりました。
ですがデパスは効果時間が短く処方された薬も一週間分ほどだったので悩んだ結果心療内科での受診を決断し、そこで嘔吐恐怖症からのパニック症候群と診断されました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

その日は少し寝不足で朝から動悸がするなあと感じていました。な...

(続きを読む)

頭痛、めまい、吐き気が続き、ある日満員電車の中で気分が悪くな...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

どうしても吐き気を自分でコントロールするのは難しく、抗不安薬に頼って生活するのはどうかと思ってはいるのですが、今ではこれがないとまともな生活もおくれていないので現状一番効果のある治療法だとは思っています。しかし一時凌ぎ的な対処法なので根本的な吐き気の改善は難しく、また長期間飲み続けてきてしまった結果、しばらく服用をやめたとき解脱症状が出てしまうので一概に良いとは言いきれないでしょう。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

不安感に襲われても、メイラックスを飲むと心が落ち着くため。ま...

(続きを読む)

医師から体への負担が少ないとの話を聞いていたことと、実際に試...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

抗不安薬の服用は筋肉を弛緩させ無意識な体の強ばりをほぐすことができ不安時に動悸を起こす可能性を減らす事が出来ます。
現在は漢方薬を服用するようになりましたが1ヶ月ほどでまだ効果を実感出来ていません。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

通院初めは毎晩飲むよう指示されました。2ヶ月ほど経過してから...

(続きを読む)

薬を飲み始めて翌日くらいにはすでに、いままでとは違ったリラッ...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

基本的に人によって変わると思いますがssri系の薬は最低でも1ヶ月~から効果が出て減薬の期間もあるので一年以上かかることもあると思います。自分はまだ完治にいたっておらず漢方による治療も長期間に及ぶことと思われます。

治療に関する費用

レキソタン1mを30錠で大体500円程度。 漢方薬は高く1ヶ月分で1000円を超えるぐらいです。

副作用について

手足が痺れるような感覚や回転性めまい食欲不振、吐き気、発汗

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

効果が切れると、分かりやすく不安感に襲われます。...

(続きを読む)

量にもよりますが、眠気はきました。飲んでから約30分後くらい...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

まず第一に言えることは、家族や友人の理解を得られるかどうかだと思います。
最初は心配してくれる事も多いですがやはり長期に渡って症状が続くと、次第に周囲の反応もつれないものになっていくこともあるかもしれません。
自分もこの症状になるまでは精神的な病気なんて気の持ちようでどうにかなると思うタイプでしたが、いざなってしまうといつまでも改善しない病気に対して焦りや自己嫌悪に悩まされ辛い気持ちが痛いほど分かるようになりました。
ですがしっかり自己と向き合って少しずつ生きていくことも大事だと最近は思うようになり、こういったサイトで他の悩んでいる人の体験談などをみて今までの事を書いていく事で少しでも気が晴れればと思い投稿させて頂きました。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

パニック障害は不安が原因で過呼吸や動悸を引き起こします。症状...

(続きを読む)

外に出るのが怖くなったりします。無理をしないで、必ず治ると信...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす