あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

三環系抗うつ薬(TCA)パニック障害(パニック症、PD)

概要

脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やすことで、意欲を高め、気分を楽にする作用があります。
古くからうつ病の治療に使われてきた第一世代の薬で、SSRIが開発されるまではパニック障害の治療薬としても使われていました。
三環系抗うつ薬には様々な種類がありますが、主に「イミプラミン」「クロミプラミン」が使用されます。

他の治療法に比べての優位性

さまざまな神経伝達物質に作用し活性を促す薬で、SSRIが開発される前はパニック障害の一般的な治療薬でした。SSRIと同等の効果があるとされています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

医師からの勧めでアモキサンにしました。費用も安価で、副作用も殆どありませんでした。
アモキサンカプセルは比較的古い薬なんですが、当時はずっと家に居て、何もやる気がなく、気分が落ち込んで自傷行為を続けていたので、医師に、抗うつ剤を追加しますか?と言われて服用しました。

留意すべきこと

口の渇きや眠気、めまい、便秘などの副作用がみられます。
薬の効果があらわれるまでに数週間かかるといわれています。
「イミプラミン塩酸塩」を使用する場合は、モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を服用中止後2週間以内であるかどうかの確認が必要です。
眠気や記憶障害などの副作用がおこりやすいため、車の運転や機械の操作などは控えましょう。
飲み合わせの悪い薬が多数あるため、服用中の薬を医師に伝えましょう。
アルコールを摂取すると作用を強めることがあるため注意が必要です。
「クロミプラミン塩酸塩」は、コンタクトレンズを使用していると、涙液が減少し、角膜上皮の障害があらわれることがあるため注意が必要です。

実際に感じた効果

始めは色々は薬を試して自分に合うものがこのアモキサンでした。薬を調整してくださる医師の腕も大事ですね。効果はやさしくしっかり効いていると思います。うつ症状は殆どありませんが、パニック発作は障害は曲者です。
服用するまでは落ち込みやすく、何事もやる気がなく、つらかったのですが、アモキサンカプセルを服用し始めて、意欲的になり、少しずつですが、仕事を始めることができました。 当時より1日に服用する量は減っていますが、現在も服用しています。

副作用と対策

口渇

薬の作用により唾液の分泌が減ることで口が渇きやすくなることがあります。

水などの飲料をこまめに取り、マスクをするなどして口を保湿しましょう。軽症の場合そのまま継続して様子をみますが、症状が重い場合は医師に相談しましょう。

めまい

めまいなどの症状があらわれることがあります。

車の運転や危険をともなう機械の運転はさけ、症状があらわれたら安静にしましょう。症状が続く場合は医師に相談しましょう。

眠気

意識がぼんやりする、眠くなるなどの症状があらわれることがあります。

自己判断で服用を中止すると発作をおこすことがありますので症状が続くときや重いときは医師に報告しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

始めの数ヶ月は強い眠気と倦怠感、頭がボーっ賭する感じがありましたが、現在は殆ど感じません。日常生活に支障はありません。
便秘をしやすくなりました。

費用

1ヶ月:4,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

入院30万、治療3,000円 現在は自立支援認定を受けていますので1割負担で月1,000円ほどの治療費です。
今のメンタルクリニックで1ヶ月の費用は、初めは診察代が6000円ぐらい、薬代は4000円ぐらいだったと思います。 途中から、自立支援医療を受けるようになって、毎月上限が2500円(診察代、薬代込み)なので2500円になりました。

一般的な所要時間

服用期間:薬の効果は個人差が大きいため、処方された量や服用期間をしっかりまもりましょう。

適用される患者

SSRIや、SNRIの治療で効果が不十分だった方

この薬によりアレルギー症状が出たことがある方、
緑内障の方、心筋梗塞回復期の方、排尿困難な方、不整脈のある方
下記の方は注意が必要です。
前立腺肥大症、心臓病、てんかん、低血圧、腸閉塞・通過障害、重度の便秘、双極性障害、統合失調症、精神疾患、低カリウム血症のある方、高齢の方、自殺念慮のある方

更新日:2017年09月12日

参照元:(みんなのメンタルヘルスパニック障害・不安障害厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html(閲覧日:2017年9月8日),日本精神神経学会HP https://www.jspn.or.jp/modules/forpublic/index.php?content_id=43(閲覧日:2017年9月8日),これで治せる!パニック障害:正しい理解、治療法からセルフケアの方法まで貝谷久宣大和出版2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:(閲覧日:2017年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす