あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

三環系抗うつ薬(TCA)パニック障害(パニック症、PD)

概要

さまざまな神経伝達物質に作用し活発を促すもので、SSRIが開発される前に一般的な治療法として行われていました。

適用される患者

SNRIの治療で効果が不十分だった方。

下記の方は適応をさけましょう。
緑内障の方、心筋梗塞回復期の方、排尿困難な方

他の治療法に比べての優位性

パニック障害に対し、SSRIと同等の効果があるとされています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

医師からの勧めでアモキサンにしました。費用も安価で、副作用も殆どありませんでした。
アモキサンカプセルは比較的古い薬なんですが、当時はずっと家に居て、何もやる気がなく、気分が落ち込んで自傷行為を続けていたので、医師に、抗うつ剤を追加しますか?と言われて服用しました。

留意すべきこと

SNRIやSSRIに比べて副作用が強くでます。また大量に服用することで死にいたる可能性があります。効果がでるまで1~2週間かかりますが、副作用はすぐにでるとされています。

実際に感じた効果

3年で、鬱もパニック障害もだいたいよくなりました。しかし、鬱は完全には治っていません。ひどくストレスがたまると、3ヶ月に一回くらい、軽い鬱になります。

副作用と対策

口渇

抗コリン作用により唾液の分泌が減ることで口が渇きやすくなることがあります。

水などの飲料をこまめに取り、マスクをするなどして口を保湿しましょう。軽症の場合そのまま継続して様子をみますが、症状が重い場合は医師に相談しましょう。

便秘

腸の働きが悪くなり、排泄に障害がでることがあります。便秘が長引くと、肌荒れや不快感、肩こりや疲労感を感じることもあります。

一時的ではない場合が多く、下剤の使用で対処ができない場合、薬の変更が検討されます。

立ちくらみ

急な血圧低下により、立ちくらみなどの症状を感じることがあります。

症状が重く日常生活に支障をきたす場合は、SSRIやSNRIへの変更が検討されます。

体重増加

薬の働きにより、体重が増加することがあります。

食事療法を合わせて行うことで、体重の増加を防ぐことができます。場合によっては副作用があらわれにくい薬への変更を検討することがあります。また、肥満の兆候などがみられた場合には、食べる量に気をつけ適度な運動を行うようにしましょう。

不整脈

心拍や脈拍が乱れ、息切れや目まいをひきおこすことがあります

医師に相談の後、減薬や、同じ作用の中でも不整脈の出にくい薬への変更を検討します。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

始めの数ヶ月は強い眠気と倦怠感、頭がボーっ賭する感じがありましたが、現在は殆ど感じません。日常生活に支障はありません。

費用

1ヶ月:4,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

入院30万、治療3,000円 現在は自立支援認定を受けていますので1割負担で月1,000円ほどの治療費です。
今のメンタルクリニックで1ヶ月の費用は、初めは診察代が6000円ぐらい、薬代は4000円ぐらいだったと思います。 途中から、自立支援医療を受けるようになって、毎月上限が2500円(診察代、薬代込み)なので2500円になりました。

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2016年10月26日

参照元:(みんなのメンタルヘルスパニック障害・不安障害厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html(閲覧日:2015年3月31日),これで治せる!パニック障害:正しい理解、治療法からセルフケアの方法まで貝谷久宣大和出版2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

三環系抗うつ薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

三環系抗うつ薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。