あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗不安薬パニック障害(パニック症、PD)

概要

脳の中にある不安をコントロールする部位(不安中枢)を抑制することによって不安発作を予防してくれる薬です。広場恐怖があるときには外出時に携帯し、症状が出たときに服用することで効果をあらわします。パニック障害の場合、病気そのものを治すためではなく、発作の苦痛や気持ちをやわらげるために用いられます。

他の治療法に比べての優位性

即効性があり、発作をおさえるために多く服用されています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

症状が辛く、体が動かず、せめて子供たちの前だけでも普通の母親でいたくて、限界の量の薬に頼りました。 薬に頼るのも、これが限界と言われている量を飲むのも正直後がないのが怖かったですが、とにかく薬にかけて、日常生活を取り戻したい一心でした。
一番自分との相性の良い薬でした。即効性はそれ程ないのですが飲む時間を調節すればよかったので自己管理の範疇で一番飲みやすく副作用もなかったからです。 逆に合わなかったのはコントミンです、副作用の体重の増加から始まり目眩も起こしてしまい逆に負担になりました。
特に眠気を感じることなく不安感も解消されました。 1日1錠または半分でもって効果を実感できたので、依存もしにくいと感じました。

留意すべきこと

長期服用による依存性があります。

実際に感じた効果

大きなパニック発作後すぐにもらったソラナックスがかなりきいて、先週からのみだしたセルトラリンはまだ効果わかりません。
パニック障害と診断されて1年間は仕事を休みました。薬を服用し続ける事に抵抗があったが、頓服薬に頼りながら、自分の行きたいところや楽しいことはしました。電車、人込み、美容院などで発作が起こりそうなこともあったけど、頓服を飲んだら大丈夫だったのでこの薬を持っていれば大丈夫という安心感が持てました。薬とも上手に付き合うも大事な事だと実感しています。
始めの一週間は効果が感じられず、なかなか起きていられずにいました。2週間目からじょじょに楽になる時間が出てきて、3週目からは横になっている時間が減りました。一か月ほどで無理をすれば普通の日常生活を振舞えるようになり、2か月たったころに頓服のソラナックス錠を一日6錠まで飲まなくても大丈夫になりました。

副作用と対策

薬物依存、離脱症状

長く続けることで薬への依存性が高まり、乱用する危険性が高まります。また急に投薬をやめると不眠や知覚異常などの離脱症状があらわれることがあります。

医師に相談のうえ、薬の変更や投与量を減らすことがあります。自己判断による投与量の変更や休薬はさけましょう。

めまい

めまいなどの症状があらわれることがあります。

車の運転や危険をともなう機械の運転はさけ、症状があらわれたら安静にしましょう。症状が続く場合は医師に相談しましょう。薬の減量や中止により回復するといわれています。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

薬を途中で変更しましたが特に副作用と思われる症状は出ませんでしたし、困った事もなかったです。
服用後の眠気がありましたが、下痢や腹痛を起こすことなく、過ごせました。良薬だとおもいます。
飲んで2日後くらいにぼーっとする事がありました。症状なのか副作用なのかよくわかりません。

費用

1ヶ月:4,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

だいたい、1ヶ月分で2000円前後だったと思います。基本ジェネリック希望していた為、正確な金額がわかりません。
1時間:12000円 民間の心理カウンセリングは、保険がきかなかったので多額のお金を払ってきました。
ワイパックス、漢方薬、胃痛や鎮痛剤など他の薬処方していただいて月に3000円程度です。

一般的な所要時間

※現在調査中です

適用される患者

すべてのパニック症の方

下記の方は適応をさけましょう。
重症筋無力症の方、緑内障の方

更新日:2016年01月07日

参照元:(みんなのメンタルヘルスパニック障害・不安障害厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html(閲覧日:2015年3月31日),これで治せる!パニック障害:正しい理解、治療法からセルフケアの方法まで貝谷久宣大和出版2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

抗不安薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

抗不安薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。