あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)パニック障害(パニック症、PD)

概要

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

他の治療法に比べての優位性

SSRIは比較的副作用が少ないとされています。 抗うつ作用と抗不安作用を併せ持つため、パニック障害の薬物治療の第一選択薬として用いられています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

睡眠を増やす、食事を見直すなど努力してもし改善しなかったパニック発作が、服用三日ほどで目に見えて抑えられました。
私のパニック症状に劇的に効いたからです。パキシルは効き始めるまでの始めの2週間は、副作用で吐き気や下痢などが激しく出て途中で断念してしまう人が多いと聞きます。私の場合は、初めて飲んだ日と翌日くらいは多少の気持ち悪さや違和感はあったものの、副作用がほとんど出ませんでした。体に合っていたのだと思います。実際飲みはじめてからは気分が段々と明るくなり、仕事の休日は出先で不安になったり発作が起こってしまったらどうしようと、出かけるのが億劫なくらいだったのに、意欲的にそこら中に出かけられるくらいにまでなりました。
副作用もあったが、確かな効き目を感じることができました。副作用も徐々に減り、減薬時も発作が少なかったように思います。

留意すべきこと

比較的副作用が少ないといわれていますが、パロキセチンはセルトラリンに比べると効き目が強く、副作用も多いといわれています。
薬の効果があらわれるまでに数週間かかるといわれています。
ごくまれに、長期服用による依存性があるとされています。また急な服用の中止は耳鳴りやしびれ、めまいなどの離脱症状をおこすため注意が必要です。必ず医師の指示に従いましょう。
飲み合わせの悪い薬が多数あるため、服用中の薬を医師に伝えましょう。
眠気や注意力の低下があらわれることがあるため、自動車の運転や危険をともなう行動が行わないようにしましょう。
アルコールを摂取すると作用を強めることがあるため注意が必要です。
セイヨウオトギリソウは作用を強める可能性があるため、使用している方は医師に報告しましょう。

実際に感じた効果

やはり薬の効果は大きいと思います。あとは薬はお守りのように手放せませんが自分自身の今ある状況を認めて受け入れる事だと思います。
服用して数日で、過呼吸が治まりました。それから3ヶ月ほど、悩んでいた過食も改善しました。1年服用し、次第に飲む頻度を減らし、現在は服用していません。過呼吸も再発しませんでした。
パキシルは効いてくるまで2週間から1ヶ月くらいかかるので、最初の2週間ほどは特に変化はなかったように思います。3週間経ったくらいから、頭がいい意味でボーッとしているというか、こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようという不安でいっぱいだった頭の中が、どうでもいいやって感じになってきました。そうなると段々と気分も明るくなり笑うことも増えました。飲み始めて1ヶ月半が経った頃、意欲的になり1人で出かけることが増えました。友達と会うことはパニック症になってからは迷惑をかけてしまうのではないかと思い極力避けてきたのですが、1人で出かけることによって自信をだいぶ取り戻し、友達と遊ぶこともできるようになりました。治療を始めて2ヶ月後くらいには、友達と休日毎に遊んでいた覚えがあります。電車も1人だと指定席に限りですが、長時間乗れるようになっていました。その時から紆余曲折があり、薬を止めたり飲んだりを繰り返してきて、今も服用していますが、日常生活は送れるほど安定しています。

副作用と対策

吐き気

消化器系へ影響をおよぼし、食欲の低下や吐き気をもよおします。

自己判断で服用を中止すると発作をおこすことがありますので症状が続くときや重いときは医師に報告しましょう。

眠気

意識がぼんやりする、眠くなるなどの症状があらわれることがあります。

自己判断で服用を中止すると発作をおこすことがありますので症状が続くときや重いときは医師に報告しましょう。

口渇

薬の作用により唾液の分泌が減ることで口が渇きやすくなることがあります。

水などの飲料をこまめに取り、マスクをするなどして口を保湿しましょう。軽症の場合そのまま継続して様子をみますが、症状が重い場合は医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

喉の渇きが出ると処方された日に説明がありました。実際飲んでみると喉が渇き、頻繁にお茶や水を飲んでいました。なお、ずっと続いていたわけではなく、服薬後1週間~2週間ぐらいで収まりました。また、眠気が酷かったです。 服薬は夕食後だったのですが、眠気が酷く朝起きることが困難で、頑張って起きたとしてもふらふらして立つことができませんでした。その後医師と相談し、朝食後に変更し、眠気の副作用は改善されました。
飲みはじめて次の日 倦怠感 頭痛 吐き気 目眩 腹痛 あらゆる事に対する恐怖感
まず、ずいぶん太りました。死にたくなるぐらいひどい増量でした。 それから、薬が強い時はめまいがひどい。これも、辛すぎました。あとは、便秘とか胃がしんどくて、胃薬を併用したりしました。

費用

1ヶ月:5,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

始めは心療内科だったので1万以上かかってました。精神科に変えたら、補助?なんかお薬代が1割で済んで助かりました
初診カウンセリングなど含め2900円 普段は1500円くらい お薬は3週間分1410円
1回病院が1400円から1700円くらい。 薬は量によって違うと思いますが、私の場合は500円前後です。

一般的な所要時間

服用期間:薬の効果は個人差が大きいため、処方された量や服用期間をしっかりまもりましょう。

適用される患者

すべてのパニック障害の方

下記の方は適応をさけましょう。
この薬によりアレルギー症状が出たことがある方、躁うつ病の方、自殺念慮のある方、緑内障、出血傾向がある方、てんかんがあった方、低カリウム血症の方妊娠または授乳中の方

更新日:2017年09月12日

参照元:(みんなのメンタルヘルスパニック障害・不安障害厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html(閲覧日:2017年9月8日),日本精神神経学会HP https://www.jspn.or.jp/modules/forpublic/index.php?content_id=43(閲覧日:2017年9月8日),これで治せる!パニック障害:正しい理解、治療法からセルフケアの方法まで貝谷久宣大和出版2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:(閲覧日:2017年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす