あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)パニック障害(パニック症、PD)

概要

うつ病にもよく使われている抗うつ薬のひとつです。パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつであると考えられています。そのためセロトニンを選択的に増やしてくれるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が治療によく使われます。

適用される患者

発作を繰り返す方、また発作がおこるのではないかという予期不安をもつ方

下記の方は適応をさけましょう。
肝臓や腎臓が悪い方、躁病やてんかんをもつ方、統合失調症にかかりやすい方

他の治療法に比べての優位性

従来の三環系抗うつ薬(TCA)よりも副作用が少なく、実効性が早いことから、薬物治療の第一選択薬として用いられています。しかし、いずれのSSRIも効果がみられなかった場合はTCAを用いることもあります。

留意すべきこと

薬の効果がしっかりとあらわれるまでに2週間から1ヶ月かかります。うつ病に比べ低用量でも効果を発揮するため、低用量からはじめ除々に量を増やし治療します。
また、ほとんどないとされていますが、長期服用による依存性があるとされています。急な服用の中止は耳鳴りやしびれ、めまいなどの離脱症状をおこすため注意が必要です。比較的新しい薬のため、薬価が高めです。

副作用と対策

消化器障害

消化管の運動が変化することによって、吐き気、便秘、下痢などの症状があらわれることがあります。服用初期に多くみられる症状です。

刺激の少ないものを食べましょう。症状が重い場合は医師に相談しましょう。休薬することで症状はやわらいでいきますが、胃腸の症状を整える薬を投与しながら治療を継続することもあります。

賦活症候群

不眠、不安、焦燥、パニック発作、易刺激性、衝動性などの症状があらわれる場合があります。服用初期や用量の変更時、服用の中止時などに生じることが多いといわれています。

薬の服用後に今までになかった不安や焦燥感、いらいらなどが強まった場合は、医師にすぐ報告しましょう。自己判断での薬の中止や用量の変更はこうした症状を生じやすくするため、行なわないようにしましょう。

セロトニン症候群

非常に稀な副作用とされますが、脳内セロトニン活性が過剰に働くことにより自律神経が乱れ、体温の上昇、頻脈、異常発汗、心拍の増加などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は自身の判断ではなく医師に相談しましょう。投薬の減量や中止を行うことで症状が治まることがあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

1ヶ月:5,000円程度

(3割負担の保険適用時)

一般的な所要時間

服用期間:1年
(再発を繰り返している方の場合、数年単位での治療が必要となる場合があります。)

更新日:2016年10月26日

参照元:(みんなのメンタルヘルスパニック障害・不安障害厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html(閲覧日:2015年3月31日),これで治せる!パニック障害:正しい理解、治療法からセルフケアの方法まで貝谷久宣大和出版2013年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

SSRI治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

SSRIについてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。