あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

過活動膀胱

過活動膀胱とは

尿を溜めておく「蓄尿」機能が低下して、尿を我慢することが難しくなる病気です。突然尿意を感じること(頻尿)が主な症状としてあげられます。この病気自体が命に関わることはありませんが、常にトイレの心配を抱えてしまうなど、生活に支障が出るとされています。
相談しづらい病気という側面から、有症状者の受診率が25%程度と低いのも特徴です。

症状と原因

トイレに行く回数が増えますが、特徴的な痛みなどは出ないため、病気だと気づくのに時間がかかる傾向にあります。

体験談

体験談を見るにあたって

一般的には、薬物療法によって症状を軽減させます。
それに平行して、尿を我慢する「膀胱訓練」を行うことで、症状や膀胱機能の改善を図ります。
前立腺肥大症が背景にある場合で薬物療法の効果がないときは、内視鏡を用いた手術を、前立腺が肥大しているときは開腹手術を行うこともあります。
また、前立腺の肥大によって圧迫されている尿道の中に、金属製あるいはシリコン製の網目状の管「ステント」を挿入する方法もあります。
尿道にゴム風船付きの管を挿入する尿道バルーン拡張法や、マイクロ波により熱で細胞を壊す温熱療法を、前立腺肥大症の治療として行うことで過活動膀胱の改善を目指します。
尿漏れパッドやオムツを一時的に用いることで、尿失禁に対処する方法もあります。

更新日:2016年12月28日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす