あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんで「両側付属器切除術」による治療を受けた方が感じた副作用

更新日:2017年07月04日

このページでは、卵巣がんの両側付属器切除術を選択した方々の、その治療後に何か副作用は出てきたか?出てきたのであれば、その副作用はどのようなものだったか?という体験についてまとめております。

1-11件目を表示/全11件
  • 痛み止めなどの薬の副作用は感じなかった。
  • 抗がん剤治療は受けていないのでありません。
  • 化学療法は行っていないので薬による副作用はない。 手術による後遺症?のサブイレウスには、30年以上経った今でも苦しめられている。
  • 抗がん剤を受けてないので、副作用なし。しいていえば、更年期症状が大きくあった。
  • 外科手術の実で、薬は飲んでないので副作用はなかった。
  • 足のふくらはぎ当りから下がとても乾燥してしまい 季節を問わず保湿剤を現在までたっぷりぬっています。手術直後はほてり のぼせがあったように思いますが 現在ではほとんどありません。
  • 日常的に吐き気が止まらず嘔吐した。ヨーグルトや野菜ジュース以外口にできなかった。体重が減った。
  • 2ヶ月過ぎてからホットフラッシュなどの更年期障害が出始めた。
  • 1度目の抗がん剤治療後、酷い吐き気。抗がん剤治療後、1ヶ月してから脱毛が始まった。
  • 病気に関しての影響は、手術と答えたが、副作用は、抗がん剤がひどかった。言葉にならない苦しさ、痺れ、脱毛他…毒殺されると思った。生かさず殺さずだと思った。投与終了後も、腸閉そくを起こしたり、身体が弱り、鬱になり、数年苦しんだ。現在、足先に痺れが残っている感じは残る。副作用かははっきりしないが、めまいと難聴にも苦しみ、現在両耳難聴である。
  • 色々あって説明ができません。。

もっと読む