あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんで「TC療法」による治療を受けた理由

更新日:2017年07月04日

このページでは、卵巣がんのTC療法を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-16件目を表示/全16件
  • 摘出手術はステージ確定と再発の可能性を減らす事、その後に受ける化学療法により卵巣の機能が不全となる可能性が高い事と化学療法のコース数を必要最低限にする為。化学療法6コースは癌の種類が抗がん剤が効きにくいタイプであった為にステージ1だがこの回数となった。
  • その方法しかないと思った。 選ぶというよりしないといけないという感じ
  • ステージ(Ic期)や年齢(30代だった)から妊孕性温存としたため。 周辺臓器やリンパ節等に転移はなかったが、癒着による術中破綻したため化学療法が必須とされたから。
  • 卵巣が術前に破裂し、全身に悪性細胞が飛び散っている可能性があったため。
  • 手術で癌の部分は取り切れたと言われ、補助療法として化学療法を始めた。最初医師から4クールと話しがあったが自分でいろいろ調べた結果6クールはどうかと提案した。医師もそれに賛同してくれて6クール行うことになった。
  • 医師からすすめられ、また、当時はその方法しか知らなかったから。

    50代女性の家族(この人の治療体験)

  • 手術で全摘出は行ったが、年齢が50歳台だったので、今後の再発防止の為には必要と説明があり、それに同意した為。
  • 他の治療法を考える余裕がなかったし、それが一般的だと思ったから。
  • 治療方法の選択肢はなく、その治療をするか、死ぬかしかなかった。
  • 標準治療、他のことは何も知らなかったし、再発後はこの薬剤がとてもよく効き自分に合っていると思っていたから。
  • 標準治療である点。また、ほかに選びようがなかった。2013年9月に発症したが、たまたま同じ大学病院で2か月前にCTを撮っておりその時は異常が見られなかったので主治医が「急激に発症したので抗がん剤が良く効くだろう」と診断をしたため
  • 治療費が保険ですべてまかなえて、一番効果的との説明を受けたから。また、点滴のたびに入院もできるとの説明があったから。
  • アナフィラキシーショックで死にかけたからどうしても忘れられない治療です。
  • 卵巣がんのガイドラインに沿った治療法とのことで、選択しました。また化学療法時は約2週間入院して、身体の特変などに対応できる環境にしていただけたので。リンパの郭清は悪性だった時には、多臓器への転移をふせぐため郭清してください、と術前に担当医に話しておいたので。
  • 一番標準的な治療法だったし月一回投与なら車の送迎が可能だったのと意外と自由な時間がありゆっくりできたから
  • 何の知識もなく、特別裕福でもない自分が選べる治療法だったから。

    50代女性の家族(この人の治療体験)

もっと読む