あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんで「片側付属器切除術」による治療を受けた理由

更新日:2018年11月16日

このページでは、卵巣がんの片側付属器切除術を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-14件目を表示/全14件
  • 薬剤による治療法はなく、開腹し摘出するしか手段はないといわれたから。
  • 手術後の経過がよかったので、薬だけ処方してもらい、他の特別な治療は行っていない。
  • 親不孝したくなかったし、摘出手術と抗がん剤治療すれば生存率が上がるから。
  • 医師より、体への負担がすくなく、術後の治りが早いから内視鏡手術になった
  • 一番よい方法にしてもらった。お腹を開いてから先生の判断で。全摘になった、
  • 腫瘍が巨大で極力早く摘出しないと、破裂するおそれがあったから
  • 医師に進められて、それが必要だと思ったから、ピルを飲み始めました、
  • 初期癌だったため、切除以外の治療法は必要ないと言われた。癌患者ではありましたが、科学治療は受けていません。
  • ガイドライン上は両側卵巣、子宮全摘出だったが、妊よう性を残せるとの医師の判断により、癌が見つかった側の左卵巣のみ摘出した。
  • 実際は卵巣の外側に腫瘍の袋ができていてその袋の中身が悪性だったのですが、腫瘍だけを切除するともしも術中に袋が破れた際、お腹の中にがん細胞が散らばってしまうので安全を優先して卵巣ごと切除することにしました。
  • 不妊検査で行ったはずなのに、卵巣、卵管を切除したため。
  • 開腹手術時は卵巣嚢腫という判断で、片側しか切除しなかったのと、腸への癒着がひどく切除の際にお腹の中で卵巣が破裂してしまったのでほとんど切除といっても少なかった。 唯一、採れた卵巣の中から1個の癌細胞が発見された為に抗がん剤治療を受けることになった。10mmといった小さながん細胞だったことから予防として抗がん剤治療通常は6回であるが3回受けることになりました。 明細胞癌という予後の悪い癌細胞なので医師に強く抗がん剤を受けることを勧められた。ただし、抗がん剤治療は身体への負担がひどくて大変だった。
  • 救急車で運ばれたというのと、その時の医師の印象がよく、安心できたので、その病院での治療にしました。
  • 手術しないと卵巣が破裂してしまうから

もっと読む