あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんで「プラチナ製剤単剤療法」による治療を受けた方が感じた効果

更新日:2018年11月19日

このページでは、卵巣がんのプラチナ製剤単剤療法を選択した方々の、どのようにして治ったのか?現在の状況はどうなのか?その治療は痛かったのか?などといった、治療中から治療後に至るまでの治療の効果とその感想に関する体験が経過に沿ってまとめられています。

1-4件目を表示/全4件
  • はげた。お腹がずっといたかった。あるけなくなった。死にたくなった。途中でやめられることがわかったら放棄していたとおもう。
  • 重いものを持てない、尿検査の度に潜血反応を指摘される、腸閉塞がいつ再発するかわからないので食事内容に或る程度の自己制限がある、長い時間座ったり立ったりしていると異常なむくみや体の痛みがでる、精神面や体の痛みも含めた不定愁訴が頻発する、ホルモンバランスの乱れに由来する関節痛が出て歩くのが困難な時がある、高脂血症(中性脂肪他は正常だがコレステロール値が以上に跳ね上がった)がひどくなった。ただすべて症状が長くは続かないうえ複数の漢方薬がことごとく効果がなかったので、現在は自費購入のサプリメントとコレステロールを抑える薬、精神科で精神安定剤を処方してもらい服用している
  • 吐き気と疲れやすい状態が続いた。退院後自宅に帰っても、一週間程度動けなかった。 現在も疲れやすい状態が継続している。
  • 診断を受けてから手術、抗がん剤治療、放射線治療を行い、以後の経過は順調に進んでいる。薬を服用することもない。

もっと読む