あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんのDC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

卵巣がんの「DC療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、卵巣がんのDC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
タキソール(TC療法)は手足のしびれが強く出ると言われたので、タキソテールを選択した。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

DC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

2種類の抗がん剤を併用した治療法です。制吐剤と抗アレルギー剤を使用した後、ドセタキセル(D)、カルボプラチン(C)を間隔を空けて点滴します。

DC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2015年12月22日