あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんのプラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

卵巣がんの「プラチナ製剤単剤療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、卵巣がんのプラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
ショックであまり当時の記憶がないので医師に勧められたからとしか言いようがないが、転移や播種が認められない場合のその病院における治療のセオリー的にその治療・投薬パターンがいわゆるお決まりコースになっていたからだった気がする (40代女性)」や「脅されたから。やらないとあとが大変だといわれて、ことわれなかった。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

プラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

シスプラチンなどのプラチナ製剤を使用した単剤療法です。プラチナの電極を使って細菌の培養を行い、電極に使われているプラチナが培養液に溶け、殺菌作用をもつ化合物に変化します。この化合物を使った抗がん剤です。

プラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年07月04日