あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんのBEP療法(ブレオマイシン-エトポシド-シスプラチン併用化学療法、抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

卵巣がんの「BEP療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、卵巣がんのBEP療法(ブレオマイシン-エトポシド-シスプラチン併用化学療法、抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
卵巣がんにはこのBEP療法の効果が大きいとの説明をうけえらびました。ステージ1aとのことで転移はなかったのですが、再発防止もかねての治療としておこないました。 (20代女性)」や「私の生活スタイル、退院後の希望等を考慮して身体に負担が少なく、なおかつ効果的な抗がん剤治療をしてもらいました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-5件目を表示/全5件

BEP療法(ブレオマイシン-エトポシド-シスプラチン併用化学療法、抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

3種類の抗がん剤を併用した治療法です。ブレオマイシン(B)とエトポシド(E)、シスプラチン(P)を間隔を空けて点滴します。

BEP療法(ブレオマイシン-エトポシド-シスプラチン併用化学療法、抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年07月04日

BEP療法(ブレオマイシン-エトポシド-シスプラチン併用化学療法、抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす