あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

標準的な治療法であるということから、パクリタキセルとカルボプラチンの点滴を行いました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2013年06月
TC療法パクリタキセルとカルボプラチンによる点滴

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

最初は手足にしびれが出たけど今はしびれもほとんどなくなり、髪も綺麗に生えてきて元気だからです。

副作用

治療履歴

2013年6月から7月まで手術の為入院
2013年7月から2014年1月までカルボプラチン・パクリタキセルによるマンスリー療法

病気と症状について

急激に腹部が膨らみ始め心配して病院を受診後CTで卵巣からの出血が認められたのでそのまま入院。
開腹手術で単純子宮全摘・両付属器摘出・骨盤内リンパ廓清を行った後ステージIIIの進行がんと告知された。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

下腹部にしこりを感じ、子宮筋腫だと思い 子宮がん検診の際診察...

(続きを読む)

20歳の頃から子宮内膜症で通院していた。薬を飲んで生理を止め...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜTC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

一番標準的な治療法だったし月一回投与なら車の送迎が可能だったのと意外と自由な時間がありゆっくりできたから

参考:他の人がTC療法を選んだ理由は...?

摘出手術はステージ確定と再発の可能性を減らす事、その後に受け...

(続きを読む)

その方法しかないと思った。 選ぶというよりしないといけないと...

(続きを読む)

他の人がTC療法を選んだ理由をもっと読む

TC療法とは

2種類の抗がん剤を併用した治療法です。制吐剤と抗アレルギー剤を使用した後、パクリタキセル(T)とカルボプラチン(C)を間隔を空けて点滴します。

「TC療法」の概要

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

マンスリーTC療法を行った後CTにて残存していた腫瘍が消えたので今は無治療の経過観察中です。
抜けた髪も終了してから生えてきて終了後半年ぐらいしてから脱ウイッグできました。

参考:他の人が感じたTC療法の効果は...?

TC療法開始の前より腸の働きを良くする漢方薬(大建中湯)と便...

(続きを読む)

体のだるさ、痛み、便秘など。薬で何とか対応。 現在は足に痺れ...

(続きを読む)

他の人が感じたTC療法の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:毎回の入院は1泊2日
治療期間:7か月

治療に関する費用

入院:40万(個室だったため)

副作用について

治療開始から2週間ぐらいで頭皮が痒くなり3週間たつころには脱毛が始まりました。
毎回治療して1週間目までしびれと痛みが続いてて2週間目ぐらいに白血球の数値が下がってました。

参考:他の人が感じたTC療法の副作用は...?

入院時に受けた初回抗がん剤投与の2週間後に脱毛、2回目抗がん...

(続きを読む)

1回目の治療後2週間過ぎくらいから脱毛し始めた。 毎回、治療...

(続きを読む)

他の人が感じたTC療法の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

TCであれば必ず脱毛はおきますが、TC治療中は頭皮のマッサージをすると余計に頭皮に薬が回ってしまうのでどれほど髪が生えて欲しくても治療が終わるまでは頭皮マッサージは避けて下さい。
そして治療中に歯医者に行くことは難しくなるので治療前に必ず虫歯がないか歯医者に行って調べてもらってください。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

自分はがんにならないと思っていましたが、簡単になってしまった...

(続きを読む)

乳がん、子宮頸がんは広く知れ渡っているからか情報源がたくさん...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月22日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす