あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

薬剤による治療法はなく、開腹し摘出するしか手段はないといわれたから。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2008年9月

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

毎回適切な検査をしてもらったと思っている。予後も良好。

副作用

治療履歴

2~3ヶ月先に手術予定だったが、圧迫による腹痛で日常生活に支障が出るほど体を動かせなくなり、通院した日に緊急手術。腰に骨膜外ブロックをしたまま手術し、翌日取り外した。

病気と症状について

お腹の張りと便秘が続き、僅かな腹痛も始まったので内科受診して診察したところ卵巣だと言われ、大学病院で精密検査して境界性悪性腫瘍と判明。左の卵巣が肥大、腹痛は圧迫によるもの、開腹手術しか治療法はないと言われた。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

無症状でかねてより経過観察中の卵巣嚢腫にエコーにて組織の変容...

(続きを読む)

不正出血が止まらず、ひどい貧血状態だったことで別の病気で罹っ...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ片側付属器切除術を選んだか

薬剤による治療法はなく、開腹し摘出するしか手段はないといわれたから。

参考:他の人が片側付属器切除術を選んだ理由は...?

開腹手術時は卵巣嚢腫という判断で、片側しか切除しなかったのと...

(続きを読む)

救急車で運ばれたというのと、その時の医師の印象がよく、安心で...

(続きを読む)

他の人が片側付属器切除術を選んだ理由をもっと読む

片側付属器切除術とは

病巣となっている片側の卵巣と卵管を開腹手術によって取り除く方法です。

「片側付属器切除術」の概要

片側付属器切除術の効果について

もともと卵巣の痛みはなかったし、圧迫による痛みも
なくなり改善した。ただ10センチ強開腹手術したのでその傷が癒えるのに2ヶ月半要した。

参考:他の人が感じた片側付属器切除術の効果は...?

再発を防ぐために抗がん剤治療を受けました。点滴なので体全身に...

(続きを読む)

転移などありませんでしたので、薬などはありませんでした。手術...

(続きを読む)

他の人が感じた片側付属器切除術の効果をもっと読む

治療期間

発覚から入院まで2ヶ月
入院6日間
定期検診5年

治療に関する費用

6日間の入院で20万弱

副作用について

術後薬剤使用がなく、その他の副作用もなし。

参考:他の人が感じた片側付属器切除術の副作用は...?

吐き気・手足のしびれ・便秘が抗がん剤点滴から4日目くらいから...

(続きを読む)

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた片側付属器切除術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

術後傷がケロイドになったので、傷を早くキレイにするテープをもっと早くもらえば良かった。
予後5年検診も過ぎたが、子宮筋腫やせんきん症もあるので定期的に検診に通い、ついでに子宮けい癌検診も行っている。そういう点では安心感がある。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

癌化する前の経過観察をしていた病気(子宮内膜症性の卵巣嚢腫)...

(続きを読む)

私の場合は「子宮全摘手術」をうけてよかったが、まだ若く、特に...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月16日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

片側付属器切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす