あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

担当医に「これ以外に、有効な治療法はない」と言われたから。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2014年2月

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

副作用が、説明を受けたよりもずっと軽かった(脱毛と軽い痺れのみで、治療中に海外旅行できたほどだった)
病院側のフォローも素晴らしく、不安に思わず治療を受けられたから。

副作用

治療履歴

2014年3月から抗がん剤
日帰り点滴で3週間ごと、6回。

病気と症状について

生理期間が延び、不正出血が続いた。しかし微量だったので、年齢的に更年期だと思っていた。しかし顔色が悪くなったり違和感が頻繁になるなど気になることが続き、MRIでの検査を受け、発見。
その時点ですでに全摘出以外の処置はありえない、抗がん剤必須との診断。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

出血が止まらず人間ドッグの病院で疑われ、別のレディースクリニ...

(続きを読む)

乳ガン検診で一緒に卵巣も調べてもらい異常を見つけ別の病院で精...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ子宮全摘出術を選んだか

担当医に「これ以外に、有効な治療法はない」と言われたから。
できれば手術も抗がん剤もしたくなかったが、担当医から詳細かつ明快な説明を受けた結果、一切の迷いがなくなったの決めました。

参考:他の人が子宮全摘出術を選んだ理由は...?

放射線では取れないし万が一残しても再発するかもしれないと言わ...

(続きを読む)

手術しないと、ほかの臓器に転移すると大変なので、とってしまっ...

(続きを読む)

他の人が子宮全摘出術を選んだ理由をもっと読む

子宮全摘出術とは

子宮および子宮頸部を開腹手術によって取り除く方法です。

「子宮全摘出術」の概要

子宮全摘出術の効果について

術後10日目の退院する頃には大変元気に回復していたが、抗がん剤投与したら嘘のように全く動けなくなった。
しかし副作用は説明よりずっと軽く、投与後数日間以外は通常どおり出勤できた。
現在は全く影響なく、一切薬もでていない

参考:他の人が感じた子宮全摘出術の効果は...?

3ヶ月くらいはお腹が痛くてサラシを巻いて過ごしていて人混みを...

(続きを読む)

毎月の生理がなくなり少し寂しくなりましたが、転移の心配をしな...

(続きを読む)

他の人が感じた子宮全摘出術の効果をもっと読む

治療期間

入院
11日間
治療
6ヶ月弱

治療に関する費用

この場では確認できないので、おおまかな記憶です。 入院/部屋代1泊 30000*6 抗がん剤/1回 60000ほど

副作用について

初投与2週間後くらいから脱毛。
投与3回目頃から軽い足先の痺れ。
毎回投与2日目から4日目くらいはダルくて動けないほどだった。

参考:他の人が感じた子宮全摘出術の副作用は...?

副作用みたいなものは、まったくもってなにもなかったです。...

(続きを読む)

いろいろと聞いてはいましたが、副作用は特に心配するようなこと...

(続きを読む)

他の人が感じた子宮全摘出術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

自分の健康を過信しすぎていた。
抗がん剤の副作用は人によって全く違うことを実感した。
私は術前から栄養のことを勉強し、とにかく自分の『健康な細胞』が抗がん剤に負けないように免疫力と自然治癒力をあげられるよう、しっかりと良い栄養をとった。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

私の場合は非常にラッキーだったので、あまり参考になることはな...

(続きを読む)

今回早期に発見できたのも乳ガン検診のお陰だし最初の先生の適切...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月16日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

子宮全摘出術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす