あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

ずっと不順な生理に悩まされ、手術にいたる数年はひどい不正出血で、貧血がつらかった。家族に相談し一番良いと判断し(予後に関しても)手術した。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2010年5月
子宮全摘出術特に薬剤は使用していない

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

その後快適なので。子宮がなくなったため、生理もなく生活するうえで予定が立てやすい。ただ、他人には言っていない。

副作用

治療履歴

特に薬剤は使用していない(はず)
膣式子宮全摘手術

病気と症状について

不正出血が止まらず、ひどい貧血状態だったことで別の病気で罹っていた科の医師が不審を抱いたようで、婦人科に連絡し詳しく検査した。細胞診の結果良くない状態だということで、すぐに手術日を設定された。手術後の採った組織を詳しく調べた結果、ステージIaとの診断が最終的にくだった。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

20歳の頃から子宮内膜症で通院していた。薬を飲んで生理を止め...

(続きを読む)

おなかが張っていてなかなか症状がおさまらなかったので近所のか...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ子宮全摘出術を選んだか

ずっと不順な生理に悩まされ、手術にいたる数年はひどい不正出血で、貧血がつらかった。家族に相談し一番良いと判断し(予後に関しても)手術した。

参考:他の人が子宮全摘出術を選んだ理由は...?

今回は手術のみで終了したため...

(続きを読む)

ステージ1で、転移がなかったためと 術後も問題なくい週間ほど...

(続きを読む)

他の人が子宮全摘出術を選んだ理由をもっと読む

子宮全摘出術とは

子宮および子宮頸部を開腹手術によって取り除く方法です。

「子宮全摘出術」の概要

子宮全摘出術の効果について

特になにもない。病気のせいで薬を飲むこともないし(別の病気で処方されたものは毎日欠かさず飲んでいるが)快適そのもの。

参考:他の人が感じた子宮全摘出術の効果は...?

手術のみ...

(続きを読む)

手術により、痛み、出血はなくなり 投薬により 副作用はありま...

(続きを読む)

他の人が感じた子宮全摘出術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:10日間

副作用について

手術自体の副作用はないが、麻酔に弱い体質であることが判明した。

参考:他の人が感じた子宮全摘出術の副作用は...?

1ケ月後位から 脱毛、食欲不振 白血球低下 血小板現象...

(続きを読む)

他の人が感じた子宮全摘出術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

私の場合は「子宮全摘手術」をうけてよかったが、まだ若く、特に出産をこれからの人生で不可欠だと考えている方には簡単には薦められない。こればかりは本人そして家族の問題だと思うので、いろいろな方法さぐり、自分たちから医師に提案するくらいであったほしい。どんどん質問し、自分たちで納得できる方法・手段を選択してほしい。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

乳がん、子宮頸がんは広く知れ渡っているからか情報源がたくさん...

(続きを読む)

医者の言うことをうのみにせず、自分で勉強してなっとくのいく治...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月04日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

子宮全摘出術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす