あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

卵巣が術前に破裂し、全身に悪性細胞が飛び散っている可能性があったため。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2016年1月

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

体内に飛び散っていたと思われる悪性細胞が消えたと思われる。

副作用

治療履歴

2016年2月より、パクリタキセルとカルボプラチンを点滴にて投与(4週
に計6回)

病気と症状について

全く自覚症状はなかったが、1年後の定期検診で、良性の膿腫を抱えた卵巣が大きくなっているのが発覚した。その時点で、悪性の可能性が高いと言われたが、開腹手術を受け、術中迅速診断により確定した。後の病理検査でステージ1
cとの診断。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

生理期間が延び、不正出血が続いた。しかし微量だったので、年齢...

(続きを読む)

出血が止まらず人間ドッグの病院で疑われ、別のレディースクリニ...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜTC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

卵巣が術前に破裂し、全身に悪性細胞が飛び散っている可能性があったため。

参考:他の人がTC療法を選んだ理由は...?

卵巣がんのガイドラインに沿った治療法とのことで、選択しました...

(続きを読む)

一番標準的な治療法だったし月一回投与なら車の送迎が可能だった...

(続きを読む)

他の人がTC療法を選んだ理由をもっと読む

TC療法とは

2種類の抗がん剤を併用した治療法です。制吐剤と抗アレルギー剤を使用した後、パクリタキセル(T)とカルボプラチン(C)を間隔を空けて点滴します。

「TC療法」の概要

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

腫瘍マーカーが回を追うごとに下がり、やがて正常値になった。その後も腫瘍マーカーは安定しており、再発の徴候はない。

参考:他の人が感じたTC療法の効果は...?

手術時、ほかの内臓への転移もなく、癌細胞は取り残しなく終えた...

(続きを読む)

マンスリーTC療法を行った後CTにて残存していた腫瘍が消えた...

(続きを読む)

他の人が感じたTC療法の効果をもっと読む

治療期間

入院4週間、
治療6ヶ月間

治療に関する費用

入院約60万円、外来通院による治療1回約5万円 x 5回

副作用について

初回投与後12日目で脱毛が始まり、その後、投与の度に体重減少。

参考:他の人が感じたTC療法の副作用は...?

私の場合は、点滴を行った3日後くらいから、顔のほてり手足、腰...

(続きを読む)

治療開始から2週間ぐらいで頭皮が痒くなり3週間たつころには脱...

(続きを読む)

他の人が感じたTC療法の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

どんなに食生活をはじめとする日常生活に気を配っていても、病気になってしまうこともある。いつ突然そのようなことになっても、慌てたり取り乱したりする事のないよう、心の準備と、身の回りの環境を整えておく必要があると痛感した。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

自分の健康を過信しすぎていた。 抗がん剤の副作用は人によっ...

(続きを読む)

私の場合は非常にラッキーだったので、あまり参考になることはな...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月19日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす