あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

選択肢はなかった。癌により卵巣が肥大して膀胱など他の臓器を圧迫していたため。開腹全摘と言われたので決めた。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2012年2月
両側付属器切除術開腹卵巣子宮全摘のみです。

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

特に副作用とか体の不調もなく、今年5年経過

副作用

治療履歴

手術で摘出したあとは、薬は一切飲んでない。悪性と中間種というのがあるんですが、中間種の方で比較的おとなしい癌の部類に入りますと言われた

病気と症状について

前年の秋ごろから、トイレが近くなり、段々お腹が出てきた。最初の婦人科ではエコーを診て、卵巣が拳2個ぐらいのおおきさになっているので、すぐMRIのとれる病院を予約するのでとったらすぐそれを持ってきてくれれば、病院を紹介します。と言われ紹介された病院でさらに検査をして、卵巣がんです。すぐに摘出します。その時にステージは言われず、まず、子宮も取るようですし、まあ年齢的には不要なのでと言われ、リンパにいっているかどうかは開腹してみないとわかりませんと言われた。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

もともと生理がほとんど来なかったので病院に通っていた。通い初...

(続きを読む)

全く自覚症状はなかったが、1年後の定期検診で、良性の膿腫を抱...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ両側付属器切除術を選んだか

選択肢はなかった。癌により卵巣が肥大して膀胱など他の臓器を圧迫していたため。開腹全摘と言われたので決めた。

参考:他の人が両側付属器切除術を選んだ理由は...?

卵巣が大きくて(17センチ)開腹手術しか選択肢がありませんで...

(続きを読む)

良性か悪性か取ってみないと分からず不安を抱えているよりはっき...

(続きを読む)

他の人が両側付属器切除術を選んだ理由をもっと読む

両側付属器切除術とは

病巣となっている両側の卵巣と卵管を開腹手術によって取り除く方法です。

「両側付属器切除術」の概要

両側付属器切除術の効果について

術後何日かは熱がでたため、多少つらかったが、すぐに起き上って、点滴を引っ張りながら歩いてくださいと言われたので、退院後はさすがに、何日かは家で家事をすると疲れたり、買い物の時お腹を無意識にかばうので前かがみになって歩いていましたが、それも徐々になくなり今まで通りの生活が送れるようになりました。ただ、段々コレストロール値が高くなりましたが、先生は食生活の改善もしくはそれでも改善されない場合は内科で薬をもらって飲んでくださいの指示で、卵巣子宮摘出との関連はまったく言わない。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の効果は...?

手術後両側卵巣がないためホルモン治療をしています。エストラー...

(続きを読む)

診断を受けてからも摘出手術が終わってからも定期的に造影剤ct...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間10日

治療に関する費用

入院、手術で105000円

副作用について

外科手術の実で、薬は飲んでないので副作用はなかった。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の副作用は...?

痛み止めなどの薬の副作用は感じなかった。...

(続きを読む)

抗がん剤治療は受けていないのでありません。...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

癌の原因は精神面、ストレスが大きな原因であるということを身を以て感じました。卵巣は沈黙の臓器といわれているらしく、自覚症状がほとんどないので、気が付いたときは進行していることが多いらしい。みなさん太ったとおもってきにしなかったり、私がトイレが近くなったのも秋から冬だったので、寒くなってきたからとか年齢的にみんなトイレが近いのでさほど気にしかかった。ただ、10分ぐらいでまたトイレにいったときは、あれ?おかしいな?と思ったが、痛みや出血がないのであまり重く受け止めなかった。自治体でも子宮がん、乳がん検診は行われているが、卵巣癌のことは全く気にしていなかったし、沈黙の臓器であることも、自分が病気になっていろいろ調べて初めて知った。あまりにも知られていないし、自治体でもなんのアナウンスもないので恐ろしいと思いました。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

自分が病気になったことで、新たに病気になった人の支えになれる...

(続きを読む)

どんなに食生活をはじめとする日常生活に気を配っていても、病気...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月04日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

両側付属器切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす