あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

手術で全摘出は行ったが、年齢が50歳台だったので、今後の再発防止の為には必要と説明があり、それに同意した為。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:1905年6月
TC療法パクリタキセル・カルボメルク点滴

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

10年たった今再発もなく、お腹の傷もほとんど目立たない。

副作用

治療履歴

2007年3月から
パクリタキセル・カルボメルク点滴

病気と症状について

日頃実家の世話・自宅の家事・飼っている犬の世話で忙しくしていて、自分の健康管理が出来ていなかったように思う。頑張りすぎて多少ストレスもあったかもしれない!そのうち父が癌になり、父の手術の日に待合室で気分が悪くなり、お腹に違和感を感じて知人の産婦人科医に相談、紹介の上大学病院を受診
かなり腫瘍が大きくすぐに検査、入院、手術の必要を宣告。長時間の手術後にステージ3だったことを知った。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

生理期間が延び、不正出血が続いた。しかし微量だったので、年齢...

(続きを読む)

出血が止まらず人間ドッグの病院で疑われ、別のレディースクリニ...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜTC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

手術で全摘出は行ったが、年齢が50歳台だったので、今後の再発防止の為には必要と説明があり、それに同意した為。

参考:他の人がTC療法を選んだ理由は...?

何の知識もなく、特別裕福でもない自分が選べる治療法だったから...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

他の人がTC療法を選んだ理由をもっと読む

TC療法とは

2種類の抗がん剤を併用した治療法です。制吐剤と抗アレルギー剤を使用した後、パクリタキセル(T)とカルボプラチン(C)を間隔を空けて点滴します。

「TC療法」の概要

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

6ヶ月間治療をしている間は体重も32キロまで落ちていて歩くのも大変だったが、数ヶ月たつと食欲もでて、味覚も少しずつ戻り髪の毛も少しずつ戻りそのほかのこともなくなり日常に戻れた。

参考:他の人が感じたTC療法の効果は...?

術後腹水が落ち着いたところで抗がん剤治療開始。6か月後いった...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたTC療法の効果をもっと読む

治療期間

3月初めに入院
3月から8月まで毎月入退院をした。

治療に関する費用

月平均100.000くらい。

副作用について

吐き気・熱・手足のしびれ・脱力感・味覚障害・脱毛・食欲不振など

参考:他の人が感じたTC療法の副作用は...?

抗がん剤治療を始めて3日後になると吐き気がやってくる.。 ...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたTC療法の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

いつ何が起こるか分からない。日頃から一日一日を無駄に過ごすことがないよう大切に過ごすようになった。病気になると本人が大変なことはもちろんだが、家族や周りの人にも大きな心配や迷惑をかけていることは考えるべき。大切なのはおかしいなと体調の変化を感じたら、面倒だと思わずすぐに対応すること。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

自分の健康を過信しすぎていた。 抗がん剤の副作用は人によって...

(続きを読む)

私の場合は非常にラッキーだったので、あまり参考になることはな...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月04日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

TC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす