あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

右の卵巣だけが腫れていたが左の卵巣にもガンが移る可能性もありで開腹手術の為何回も開腹は辛いので全摘に決めました。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2013年11月
両側付属器切除術卵巣全摘手術

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

ほぼ完全にガンの部位は取り切って頂いたとのことで安心しています。

副作用

治療履歴

2014年3月
手術
大網切除
子宮全摘
卵巣全摘
手術

病気と症状について

卵巣がんとしての症状は自覚はなく
糖尿病が悪化したため緊急入院して身体全体の検査を行った結果
腹部エコーで卵巣が腫れていることがわかった。その後詳しい検査
CT
等をやり腫瘍マーカーで数値も高くガンという告知を医師から受ける。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

お腹か出てきて太ったかと思っていたが、横になってお腹を触ると...

(続きを読む)

不定期出血 で受診 ステージ1 の初期で 半年後にま...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ両側付属器切除術を選んだか

右の卵巣だけが腫れていたが
左の卵巣にもガンが移る可能性もありで
開腹手術の為何回も開腹は辛いので全摘に決めました。

参考:他の人が両側付属器切除術を選んだ理由は...?

当時は子どもだったので、自分に選択権はなかった。両親と医師と...

(続きを読む)

このままでは、ご飯も食べられなくなるといわれ、選択する余地無...

(続きを読む)

他の人が両側付属器切除術を選んだ理由をもっと読む

両側付属器切除術とは

病巣となっている両側の卵巣と卵管を開腹手術によって取り除く方法です。

「両側付属器切除術」の概要

両側付属器切除術の効果について

元々
症状はなっかたので術後も開腹の痛みはあったもののガンとしての痛みはありません。現在は良好に過ごしております。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の効果は...?

手術しか受けていないので、特に症状の変化はない。 傷口の痛み...

(続きを読む)

手術した直後から更年期症状が顕著にあらわれ、ホルモン療法は、...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の効果をもっと読む

治療期間

一ヶ月
入院

治療に関する費用

入院 110000円

副作用について

足のふくらはぎ当りから下がとても乾燥してしまい
季節を問わず保湿剤を現在までたっぷりぬっています。手術直後はほてり
のぼせがあったように思いますが
現在ではほとんどありません。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の副作用は...?

化学療法は行っていないので薬による副作用はない。 手術による...

(続きを読む)

抗がん剤を受けてないので、副作用なし。しいていえば、更年期症...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

手術後は開腹すると
こんなに体力が戻るのに時間が掛かってしまうとはわかりませんでした。自分の考えていたものとはまったく違っていました。仕事も以前していた体力がいる仕事は無理になってしまいました。経済的にもなかなか現在大変ですね。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

少しでも体調の変化を感じたらすぐに病院へ行ってほしい。病名が...

(続きを読む)

早期発見の重要性 セカンドオピニオンに行く勇気 子供の事...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月19日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

両側付属器切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす