あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

手術中に癌細胞が散らばっている可能性があるので、念のために。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2013年2月

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

副作用がきつかったし、心に余裕がなくて大部屋がきつくなり個室に移った。

副作用

治療履歴

2013年5月からシスプラチン投与

病気と症状について

2012年10月頃から体重増加、腹部飽満感があり、様子を見ていたところ一向に改善する気配がないので婦人科を受診したところ、卵巣腫瘍が見つかった。
手術が必要とすすめられ、摘出て境界悪性腫瘍との説明を受けた。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

2児出産後、生理不順、不正出血、下腹部の異様な膨れが気になり...

(続きを読む)

40代女性の家族(この人の治療体験)

下腹の張り おりもの、喫煙やお酒の習慣があった。おりものがふ...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜプラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

手術中に癌細胞が散らばっている可能性があるので、念のために。

参考:他の人がプラチナ製剤単剤療法を選んだ理由は...?

脅されたから。やらないとあとが大変だといわれて、ことわれなか...

(続きを読む)

ショックであまり当時の記憶がないので医師に勧められたからとし...

(続きを読む)

他の人がプラチナ製剤単剤療法を選んだ理由をもっと読む

プラチナ製剤単剤療法とは

シスプラチンなどのプラチナ製剤を使用した単剤療法です。プラチナの電極を使って細菌の培養を行い、電極に使われているプラチナが培養液に溶け、殺菌作用をもつ化合物に変化します。この化合物を使った抗がん剤です。

「プラチナ製剤単剤療法」の概要

プラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

吐き気と疲れやすい状態が続いた。退院後自宅に帰っても、一週間程度動けなかった。
現在も疲れやすい状態が継続している。

参考:他の人が感じたプラチナ製剤単剤療法の効果は...?

はげた。お腹がずっといたかった。あるけなくなった。死にたくな...

(続きを読む)

重いものを持てない、尿検査の度に潜血反応を指摘される、腸閉塞...

(続きを読む)

他の人が感じたプラチナ製剤単剤療法の効果をもっと読む

治療期間

入院期間2週間
治療期間6ヶ月

治療に関する費用

入院で合計50000円(1ヶ月)

副作用について

点滴がはじまってからすぐ、ひどい吐き気を感じました。

参考:他の人が感じたプラチナ製剤単剤療法の副作用は...?

はげた。お腹がずっといたかった。あるけなくなった。...

(続きを読む)

抗がん剤治療が始まってから2~3回目以降から白血球数値が急降...

(続きを読む)

他の人が感じたプラチナ製剤単剤療法の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

目に見える症状がほとんどないので、少しでも違和感があれば、婦人科を受診すべきだと思う。
たまたま病院がはずれだったのかもしれないが、癌で手術した人と妊婦が同室というのは配慮がないと思う。
癌について自分でもいろいろと調べたが、近藤医師という人のデタラメな記事に振り回されて大変だった。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

20年も前の話なので、私は良くわかりません。ただ、患者は自分...

(続きを読む)

40代女性の家族(この人の治療体験)

まずは、検診すること。でも毎日の生活でなかなか時間がとれない...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月04日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

プラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす