あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんの体験談

突然のことで、身近に相談できる家族もなく、医師の勧めにしたがいました。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2008年2月

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

卵巣がんの症状

満足度

身体が受けたダメージが大きく、治療が済んだ後も色々な不調が続いている。

副作用

病気と症状について

腹痛で開業医を受診したところ、虫垂炎の診断で翌日手術のため総合病院へ。改めて検査をしたところ、虫垂炎ではなく卵巣がんではないか?との診断。外科手術の結果、ステージ1cの卵巣がんと判明し、その後抗がん剤治療を行う。

参考:卵巣がんにかかった他の人の症状は...?

おなかが張っていてなかなか症状がおさまらなかったので近所のか...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

お腹が異常なほど膨らんできて、太ってるだけかと思っていたのだ...

(続きを読む)

卵巣がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ両側付属器切除術を選んだか

突然のことで、身近に相談できる家族もなく、医師の勧めにしたがいました。

参考:他の人が両側付属器切除術を選んだ理由は...?

MRIで他臓器の癒着が想定されたので、内視鏡ではなく開腹手術...

(続きを読む)

直ちに手術しないと命に関わる、と言われたので言われるままに手...

(続きを読む)

他の人が両側付属器切除術を選んだ理由をもっと読む

両側付属器切除術とは

病巣となっている両側の卵巣と卵管を開腹手術によって取り除く方法です。

「両側付属器切除術」の概要

両側付属器切除術の効果について

外科手術の影響は9年経ってもまだ体の不調となって折々に出てくる。抗がん剤でいったん滅茶苦茶になった自律神経が、これも何年経っても安定しない。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の効果は...?

両側卵巣摘出のため、ホルモン療法を始めるまでいわゆる更年期症...

(続きを読む)

腹痛はもちろん治った。化学療法を1クール受けて、髪が抜けるな...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:1.5ヶ月、治療期間5か月

副作用について

色々あって説明ができません。。

参考:他の人が感じた両側付属器切除術の副作用は...?

日常的に吐き気が止まらず嘔吐した。ヨーグルトや野菜ジュース以...

(続きを読む)

2ヶ月過ぎてからホットフラッシュなどの更年期障害が出始めた。...

(続きを読む)

他の人が感じた両側付属器切除術の副作用をもっと読む

卵巣がんを患っている方へのアドバイス

入院を伴うような大きな病気やけがをしたことがなかったので、何をどうしたらよいのかわからず混乱した。一人暮らしで遠方の親族には全く頼れず、入院中の飼い猫のお世話が一番問題だった。派遣の勤務先の仕事仲間に助けを求めたところ、たくさんの人たちができる範囲で助けてくれて、何とか乗り切れた。「大阪のおばちゃんたちのおせっかい」が、これほど嬉しかったことは無かった。

参考:卵巣がんを経験した他の人のアドバイスは...?

医者の言うことをうのみにせず、自分で勉強してなっとくのいく治...

(続きを読む)

50代女性の家族(この人の治療体験)

早期発見でよかったことです。少しでも違和感を感じたらすぐに検...

(続きを読む)

卵巣がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月19日
気になる点を報告

卵巣がんの体験談をもっとさがす

両側付属器切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす