あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がんに関する質問

卵巣がんのDC療法治療について

匿名さん

関係:本人

患者情報:40代女性 治療期間: 〜半年

子宮体癌治療で勧められたのですが、効くのか不安です。TC療法はアルコールがダメで、急遽変更になりました。AP療法は副作用がひどく除外されてました。癌は初期ですが、転移していた為抗ガン剤治療勧められました。副作用が軽いのはいいのですが、AP療法に比べDC療法は金額も大きいので。

1
みんなの回答数:1 件
投稿日:2017年04月20日 投稿ID:5087

みんなの回答(1件)

  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:40代女性 治療期間: 〜半年

    ちょっと回答遅かったかもしれませんが・・・やられているとしたらまだ治療中の時期だと思いますので。
    私もアルコールがダメでTC療法が受けられずDC療法になりました。その時調べた情報によると、
    TC療法(パクリタキセル・カルボプラチン)が現在の標準治療ではありますが、
    欧米ではDC療法(ドセタキセル・カルボプラチン)とTC療法と効果が同等であるとされているそうです。
    同じタキサン系でパクリタキセルの抗腫瘍効果や溶解性を改善したものがドセタキセルだそうですので、
    効果があると信じましょう!
    DC療法をうけられる場合はグレープフルーツは副作用がひどくなる可能性があるので止めた方がいいみたいですよ。
    タキサン系の抗がん剤は尿より便になるので、点滴後の便秘をなんとかコントロール出来ると副作用が軽くとなると
    どこかで読んで、酸化マグネシウムで排便コントロールしていました。
    どうぞ、副作用が軽く済みますように。どうぞ抗がん剤が効きますように。

    0
    投稿日:2017年05月28日投稿ID:5796

    あなたの回答をお伝えください

    あなたの優しさがお悩みの方の力になります

    会員登録して経験を書こう(無料)



    すでに会員登録がお済みの方は、ログインしてください