あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮全摘出術とプラチナ製剤単剤療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の比較卵巣がん

適用される患者

患者の方がんが子宮に広がっている(IIa、IIb、IIc期の)方

妊娠を希望する方

再発上皮性悪性腫瘍の方、初回化学療法終了後6ヶ月以上経過してから再発した方

他の治療法に比べての優位性

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮頸がんなど子宮の摘出が必要な病気をともなう場合は、付属器と同時に子宮の摘出をします。
ほかの抗がん剤に効果がみられない場合や、薬剤耐性をもったがん細胞に対して効果を発揮します。再発卵巣がんの治療後、安定した期間が延長したという報告もあります。

留意すべきこと

妊娠を希望している方には適応しない場合があります。

投与前に必ず腎臓機能の検査を行い、水分を大量に摂る必要があります。腎臓機能が不良の場合は投与できないこともあります。

副作用と対策

排尿障害

手術後に尿意を感じにくくなることや、排尿ができなくなってしまうことがあります。

術後にリハビリテーションを行い排尿の感覚を記憶させます。病院で行うものや個人でできるものがあります。

腎機能障害

腎機能が低下し、老廃物が血液中にたまってしまう状態です。尿量の低下、むくみ、倦怠感などの症状があらわれます。

投与する薬剤量を減らしますなどの対処が行われます。

吐き気

抗がん剤の副作用として、吐き気や嘔吐、悪心などの症状が出ることがあります。

消化のよいものを選んで食べ、水分補給をしっかり行いましょう。症状によっては吐き気止めを使用します。

一般的な所要時間

入院期間:1週間程度

ドキシルを1時間かけて点滴静脈注射し、トラベクテジンを3時間かけて点滴静脈注射します。これを21日毎に繰り返します。

体験談件数

18/全74
4/全74

体験談評価平均

2.2/5.0

疾病平均2.6

3.8/5.0

疾病平均2.6

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の卵巣がんの治療法

参照元:(卵巣がん治療ガイドライン2010版https://jsgo.or.jp/guideline/ransou.html(閲覧日:2015年8月27日),卵巣の病気月経の不調から卵巣がんまで上坊敏子講談社2012年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月27日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。