あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

合併切除卵巣がん

概要

がんが周辺の臓器に浸潤し、強い癒着をおこす場合に、まわりの臓器を傷つけないように腸管などを一緒に開腹手術によって切除する方法です。

他の治療法に比べての優位性

周辺の臓器を傷つけずに切除できることが多いです。

留意すべきこと

人工肛門などが必要になることもあるので、手術前に必ず医師から十分な説明を聞いておくことが大事です。

費用

※現在調査中です

(1~3割負担の保険適用や、高額医療費制度が適用される場合があります。)

一般的な所要時間

入院期間:1週間程度

適用される患者

腸管などに強い癒着がある方

更新日:2016年10月26日

参照元:(卵巣がん治療ガイドライン2010版https://jsgo.or.jp/guideline/ransou.html(閲覧日:2015年8月27日),卵巣の病気月経の不調から卵巣がんまで上坊敏子講談社2012年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月27日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。