あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大網切除術卵巣がん

概要

他の治療法に比べての優位性

切除しても日常生活に大きな影響はないといわれています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

転移の阻止のための手術が、そしき簡易検査後おこなわれました。事前説明がありました。

留意すべきこと

肉眼で見て正常であれば切除に治療的な意味はないともいわれています。

実際に感じた効果

これから一生、浮腫にならないように 日々の生活の中で気をつけて 、少し変だと思ったら 直ぐに対応することを忘れないようにしています。

実際に感じた副作用

いまのところはないです。浮腫はいつなるかわからないので、常に気をつけています。

費用

※現在調査中です

(1~3割負担の保険適用や、高額医療費制度が適用される場合があります。)

実際にかかった費用

手術代込み。また、限度額申請をしていました

一般的な所要時間

入院期間:1週間程度

適用される患者

胃から垂れさがり、大小腸をおおっている大きな網のような脂肪組織を、開腹手術によって切除する方法です。大網は卵巣がんの転移が、もっともよくおこる組織です。

大網への転移がみられる方

更新日:2016年10月26日

参照元:(卵巣がん治療ガイドライン2010版https://jsgo.or.jp/guideline/ransou.html(閲覧日:2015年8月27日),卵巣の病気月経の不調から卵巣がんまで上坊敏子講談社2012年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月27日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。