あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

片側付属器切除術卵巣がん

概要

病巣となっている片側の卵巣と卵管を開腹手術によって取り除く方法です。

他の治療法に比べての優位性

残した卵巣が手術前と同じようにはたらきます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

開腹手術時は卵巣嚢腫という判断で、片側しか切除しなかったのと、腸への癒着がひどく切除の際にお腹の中で卵巣が破裂してしまったのでほとんど切除といっても少なかった。 唯一、採れた卵巣の中から1個の癌細胞が発見された為に抗がん剤治療を受けることになった。10mmといった小さながん細胞だったことから予防として抗がん剤治療通常は6回であるが3回受けることになりました。 明細胞癌という予後の悪い癌細胞なので医師に強く抗がん剤を受けることを勧められた。ただし、抗がん剤治療は身体への負担がひどくて大変だった。
救急車で運ばれたというのと、その時の医師の印象がよく、安心できたので、その病院での治療にしました。

留意すべきこと

残した卵巣にがんが再発する場合があります。

実際に感じた効果

ほぼ、手術だけだったので、特段何かが変わった感じはなかった。ただ、生理がくるようになってから、精神的にきつくな、ら、いまだにデパスをときどき処方してもらっている
卵巣がひとつないせいか、バランスが崩れたり、生理が前までとまったくちがう、血の量とか。なんせ痩せにくい!
腫瘍を摘出したことにより、腹部膨満感もなくなり、生理も定期的にくるようになりました。現在も経過観察のため、通院はしていますが、服薬の必要もなく、日常生活において制限を受けることも特になく、過ごすことができています。

実際に感じた副作用

卵巣摘出してから初めてちゃんと生理がくるようになり、更年期のような症状がひどくて大変だった
卵巣を片方切除したため、術後3日後くらいに生理がきます(知らないと術後の不正出血と間違えて焦ります。本当に不正出血だと大変なので念のため担当医に伝えた方がいいとは思いますが、そんなに心配する必要はないかと思います)。また、開腹手術のため癒着があり、手術からもうすぐ1年が経とうとしていますが腹部の皮膚の感覚がなく触ってもわかりません。また、一度傷になった部分なので皮膚がとても硬くなってしまいました。
吐き気・手足のしびれ・便秘が抗がん剤点滴から4日目くらいからありました。便秘は下剤と浣腸で回復治療中はずーと倦怠感が続きました。1か月後には髪の毛が抜け始めました。

費用

※現在調査中です

(1~3割負担の保険適用や、高額医療費制度が適用される場合があります。)

一般的な所要時間

入院期間:1週間程度

適用される患者

がんが片方の卵巣にある(Ia期の)方

更新日:2016年10月26日

参照元:(卵巣がん治療ガイドライン2010版https://jsgo.or.jp/guideline/ransou.html(閲覧日:2015年8月27日),卵巣の病気月経の不調から卵巣がんまで上坊敏子講談社2012年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月27日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

片側付属器切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす