あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

卵巣がん

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんのことです。卵巣のがんはその発生する組織によって分類され、表層上皮性、間質性腫瘍が全体の95%を占めています。そのほかに、胚細胞腫瘍、性索間質性などの種類があり、それぞれ性質が異なります。

症状と原因

特徴的な初期症状はほとんどありません。下腹部にしこりを感じる、圧迫感がある、膀胱が圧迫されて尿が近くなるなどの症状を訴えて受診したところ、すでにがんが進行しているような場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

手術と抗がん剤治療を組み合わせて治療が行われます。卵巣がんは発見されたときにすでに進行がんになっていることが多いため、早期がんでも種類によっては再発のリスクが高くなります。そのため、再発のリスクの低いIa期の細胞成熟度の高いがん(高分化がん)を除き、抗がん剤治療が必要となります。

更新日:2017年09月12日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす