あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

耳硬化症の体験談

手術で少しでも、症状が良くなるなら、小さい可能性でもうけようと思いました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2007年11月
アブミ骨手術アブミ骨手術

耳硬化症とは

耳硬化症は、鼓膜よりも内側(脳側)にある、 アブミ骨という骨の周辺に病変が進行して難聴がおきる疾患です。
耳硬化症の方には、伝音難聴と感音難聴の2種類の難聴がみられます。
なかでも伝音難聴をきたす代表的な病気とされ、手術によって大幅な聴力の改善が期待できる耳の病気のひとつともいわれています。両側の難聴が少しずつ進行するため、難聴のレベルが高くなると日常生活にも大きな支障をきたす場合もあります。白人に比べ、日本人などの有色人種ではその罹患率が低いといわれており、比較的知名度の低い病気です。

耳硬化症の症状

満足度

結果的に病変確認しても、完治ではないため。

副作用

治療履歴

2007年
アブミ骨手術

病気と症状について

はじめは、左耳だけ耳鳴り、難聴、自分の声が耳に響き、耳鼻科を受診しました。詳しく調べてるうにち内耳のことを詳しく調べる必要と大学病院へ、診断
耳硬化症といわれて、手術はこころみるが、耳鳴りや難聴を完治は難しいとはじめにいわれました。アブミ骨手術が始まり、病変確認したのですが、術中に酷いめまいに襲われ、しけんこしつ開放術に切り替えられ、現在は経過観察し聞こえ具合が進行した時に再度全身麻酔で手術を試みるか、いつかは、補聴器になるといわれています。

参考:耳硬化症にかかった他の人の症状は...?

日常生活には支障をきたさない程度でしたが、右耳の聞こえが悪い...

(続きを読む)

耳硬化症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜアブミ骨手術を選んだか

手術で少しでも、症状が良くなるなら、小さい可能性でもうけようと思いました。

参考:他の人がアブミ骨手術を選んだ理由は...?

補聴器をつける程の聴力低下はありませんでしたが、徐々に聴力が...

(続きを読む)

他の人がアブミ骨手術を選んだ理由をもっと読む

アブミ骨手術とは

全身あるいは局所麻酔で行われます。耳の後ろを切開するか、あるいは耳の穴から行われます。
鼓膜をはがし、2~3mm程度の隙間から専用の器具を使う遠隔操作で行われます。固まった病変をもつアブミ骨の底に直径0.8mm程度の穴をあけ、人工アブミ骨を入れます。
人工アブミ骨は、ステンレス製やテフロン製、セラミック製、チタン製のものなどがあります。

「アブミ骨手術」の概要

アブミ骨手術の効果について

現在は、一年に一回は聴力検査を行い、経過観察中です。すぐに耳が聞こえなくなるわけではないのですが、耳鳴りや難聴は変わりません。

参考:他の人が感じたアブミ骨手術の効果は...?

アブミ骨手術では、術後すぐに聴力が回復するのではなく、徐々に...

(続きを読む)

他の人が感じたアブミ骨手術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間
一週間

治療に関する費用

入院費 八万

副作用について

傷口が数日痛む程度の違和感です。

参考:他の人が感じたアブミ骨手術の副作用は...?

術後1,2日はめまいやふらつきがあり、横になったり、起き上が...

(続きを読む)

他の人が感じたアブミ骨手術の副作用をもっと読む

耳硬化症を患っている方へのアドバイス

ただの耳鳴りと思わず、気になる時は詳しく検査してもらえる医療機関をお勧めしたいです。発見が早ければ、病気をもっている理解を生活全般とおして、わかってもらわないと、自分自身
不便なところがでてくると思います。私自身、聞こえの悪さで何度も人の言葉を聞き返すので毎日が不便だらけ、でもそのたびに自分は耳が悪いのでと伝えています。

参考:耳硬化症を経験した他の人のアドバイスは...?

鐙骨の手術は、どこの病院でもできるというわけではないと思いま...

(続きを読む)

耳硬化症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年04月07日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる