あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

中耳炎に関する症状

更新日:2016年06月10日

このページでは、中耳炎の治療を選択した方々の、どのように症状が現れて受診するに至ったのか?その際どのような検査や問診をしたのか?などといった、症状の発生から病気の確定までの経緯に関する体験についてまとめられています。

1-30件目を表示/全115件
  • 寝ている時に耳から水が出てきたので受診に至りました。当時、スイミングに通っていたのでそれが原因かと思っていましたが医師から告げられた症状は、風邪によって細菌が入った事と告知されました。特に大きな膿も見られないということで初期の段階でした。
  • 風邪をひいたさい、鼻をよくかんでいたのが原因で、内耳に菌がはいり、耳がかなりいたくなりました。耳鼻科で診察のけっか、耳に膿がすこしたまっていることがわかれ、炎症がおこっているとのことで、治療が必要でした。
  • 初めは鼻づまりがひどい状態が続き、風邪だと思い小児科にかかっていました。 風邪をひいては鼻で息ができず、可哀想だったので鼻水をとってもらおうと思い耳鼻科に行ったところ中耳炎と診断されました。それからは中耳炎になると発熱もおこるようになりました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 1歳半の女の子です。夜ご飯時急に頭をコクコクしだし(よく小さい子がご飯を食べながら寝るときのような感じ)眠いのかな?と様子を見ていると目が上に向いたり戻ったりと白目をむきフラフラしだした。急いで小児科を受診したがいつも通りの元気な様子に戻り、また同じ症状がでたら受診してくださいとのこと。一昨日中耳炎で耳鼻科を受診していたのだが、翌日の朝耳が痛いと泣き出しつぎは耳鼻科へ行きました。泣くほど痛がるようなら鼓膜切開したほうが良いとのことで鼓膜切開。膿がドロドロだったらしく結構前から中耳炎になっていただろうとのことでした。鼓膜切開してから白目をむきフラフラすることもなく、中耳炎にすぐ気づかないと怖いなと思った。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 耳を触るのが増えてまだ言葉も話せないで連れて行った小児科でたまたま耳をよく見てくれる先生で滲出性中耳炎が発覚しました。 通常だと、鼻水が止まれば治るものがなかなか耳の水が抜けず状態か悪いと言われました。放置すると、真珠腫というものになるかもしれないと言われました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 子供のころ、気づくとミーーーンと耳の内側で薄っすらと聞こえているきがしました。頭の中とかではなく耳の中での中という感じです。気のせいかとも思ったのですが、やっぱり聞こえる気がする…親に相談したところ、何それ?と全く相手にされずに何も対処してもらえませんでした。子供ですし、自分で病院に行けないので放置せざるを得なく、3日後あたりには途切れることはあるものの明らかに音が鳴ってる感じで少しづつ痛みも出ました。再三親に言って、やっとこさ耳鼻科に連れてってもらい中耳炎と診断されました。
  • 少量の鼻水が出ていましたが、その他の症状はなかったため様子をみていました。2週間ほどして39.6度の発熱があり、受診しました。鼻水が長く出続けていることから耳を診てもらい、右側の耳で炎症がみられるとのことでした。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 娘が通っていた保育園では鼻水を垂らした子供達をたくさん見かけるようになりました。先生も気づいたら鼻をかむようにしてくれていましたが、我が子も秋口から何度も耳鼻科通いが始まり、吸引と飲み薬の処方を繰り返しました。しかし、3月ごろ中耳炎が悪化し、高熱が出た為、膿を出す為の切開をしました。切開はとても痛がりましたが、その後熱も下がり、その処置以降、圧倒的に中耳炎になる回数が減りました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 今まで中耳炎になったことはありませんでした。 数日前より多少風邪症状があり、耳に違和感を感じて、その後、耳の痛みと水が入っているような感じ、熱も出たため耳鼻科を受診しました。 お医者さんからは、中耳炎と診断されました。
  • 2歳の息子で鼻水が常に出ていて、鼻水の色が緑色になってきた為、耳鼻科を受診しました。中耳炎になっているといわれ、鼓膜が破裂する手前までいっていました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • ある日突然、1歳の子供の片側の耳から耳垂れが出ており受診したところ、中耳炎にかかっており鼓膜が破れていると言われました。 それまで鼻水や咳、発熱等の症状がなかったので気づきませんでしたが、耳にのみ症状が出たようです。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 風邪気味で耳が聞こえづらいと感じたのですが直ぐに病院に行けず、3日後に発熱、耳の奥の激痛や耳だれの症状が出たため耳鼻科を受診しました。 内耳炎と外耳炎を併発しており、耳の内部が腫れ上がっていました。 鼓膜も腫れていたようで切開しなければいけないかもしれないといわれました。
  • 0歳の子が風邪をひき鼻水が出て耳を触っていたので。小児科では中耳炎になっていないと言われなのに耳鼻科に行くと鼻水から来る水が耳に溜まっていて中耳炎と言われました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 聞き返しが多くなり、聞こえに問題を感じた為耳鼻科受診。滲出性中耳炎の診断がつく。 急性中耳炎とは違い、痛みや発熱がない為、症状に気がつきにくかった。風邪が長引いた後に慢性的に起こる症状だという説明を受ける。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 沖縄に家族で旅行に行った際、娘が急に熱でうなされたため、病院へ行ったところ、中耳炎と診断されました。 はじめて飛行機に乗り、おそらくその際の気圧の変化に耳がついていけず、中耳炎になったのではないかと医師から言われました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 夜中、急に耳が痛いと言い出し熱もでました。鼻水がよくでていたので、中耳炎かなと思い、手持ちのカロナールを飲ませ、30分ほどすると痛みはなくなりました。翌朝、耳鼻科につれていくと、中耳炎で液がたまっており、熱がでるようなら鼓膜切開が必要だと言われました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 小学生の娘が耳が痛いといったので耳鼻科を受診しました。 両耳とも中耳炎と言われました。だいたい片方の耳が中耳炎になることが多いようなのですが プールに通っているため両耳とも中耳炎になってしまいました。 学校へは行けますが、体育や寒い中での激しい運動などはさけるように言われました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 熱はなく、鼻水が出ていたので耳鼻科を受診。 耳鼻科でも体温を測りましたが、熱はありませんでした。 念のため耳の中を見てもらった結果中耳炎でした。 すでに膿が溜まり白くなっている状態でした。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 乳児なので診断された後に最近耳を触る事が多いなと感じた。 治療は投薬と放射線治療。鼻詰まりの症状が出始めてから吸入治療も追加。診断されてから約1カ月後に気管支炎併発で入院。 入院中は点滴と1日3回の薬と吸入治療1回の放射線治療でした。点滴は漏れたり針が外れかけたりとあり点滴治療不可で退院に至りました。その後は自宅で吸入をする事になりました。通院時に放射線治療をして薬の処方。週2-3回通院。退院から約1カ月後に治りました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 5歳男児が中耳炎と診断されました。 毎年、季節の変わり目には鼻水がひどくなるのが長く続きました。今までよりも自分で鼻をかめるようになってきていたので本人任せにしていましたが、だんだん呼吸が苦しそうなほど鼻がつまって夜中も起きるようになって数日後に『耳が変、二重に聞こえる』と訴えたので受診。急性中耳炎と診断される。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 旅行で飛行機に乗った際、乗っている最中に耳が痛いと言っていました。 元気もあり、熱などの症状は無かった為、気圧の関係で痛かっただけかと思い様子見していました。 数日たっても耳が痛いと言うのでかかりつけの耳鼻科を受診したところ中耳炎との診断でした。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 一週間前から風邪で咳と鼻水が出ていたため、小児科を受診し、消炎剤と気管支拡張剤を服用していた。夜中に耳が痛くて眠れないと起きてきた。耳を冷やし体を斜めにして耳に圧がかからないようにして何とか就寝。次の日に耳鼻科へ。中耳炎と診断され、耳に薬を入れてもらい、4日間分の抗生剤を服用。その後、3回耳鼻科へ通い、完治した。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 突然耳が痛いと泣き出し、痛みが治まったら耳垂れがでてきたので、中耳炎だと思い耳鼻科を受診しました。やはり、診断結果は中耳炎でした。うちの子は、風邪をひくと鼻がうまくかめずにすぐにすすってしまうので、どうも中耳炎になりやすいらしく、治ったと思ってもまた数か月後には中耳炎を再発するというのがしばらく続きました。最初は抗生物質や点耳薬などを使い、様子を見ていたのですが、 なかなか良くなる気配がありませんでした。あまり抗生物質を飲み続けてもよくないということもあり、チュービングの処置をしましょうと説明をうけました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 小さい頃に中耳炎になり、きちんと最後まで病院へ通わなかったせいで、風邪をひくと中耳炎になるようになっていました。妊娠7ヶ月頃、風邪をひいていなくても、耳が、詰まるような違和感が出てきてしまい、慢性中耳炎と言われました。
  • スイミングに行った日の夜、寝ていた際に、耳の痛みがあり、そのまま受診をしました。 それほど酷いものではなく経過観察と言われ、しばらくすると膿のようなものが流れ出てきて、落ち着いた頃には痛みもなくなりました。
  • 当時5歳の娘が、最初は鼻をぐずぐずさせていたので、鼻かぜをひいたのかと思い様子を見ていましたが、その後発熱の症状があり受診したところ中耳炎と診断されました。 特に耳が痛いというようなことは言っていなかったので驚きましたが、思い返すと確かに、声をかけても気付かなかったり、聞こえづらい様子があったように思いました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 娘が1歳3ヶ月の頃、咳と鼻水が出始めその後39度台の高熱が出て小児科を受診しました。 診察では耳の中を器具を使って調べ「赤くなってますね」と医師に言われました。 それからは治って再発しての繰り返しです。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 1歳の保育園に通う息子が、鼻水がではじめたなぁ。と思ったら、急に40度近い熱。風邪か何かかと思い小児科へ。 喉も多少赤いけど、その程度でそこまで高い熱が出るとも思えない。という事で、耳を見たら、少し腫れている感じだから、専門の耳鼻科を受診するように勧められる。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 最初は咳、水、高熱の症状が出て、最初はただの風邪かと思っていました。 夜、なかなか熱が下がらずに耳を痛がる様子が見られたため、翌日耳鼻科を受診しました。 朝になっても熱は下がらず、医師にみていただいたところ両耳に膿がたまっており、片側の耳が既に鼓膜が破れた状態でした。 切開したほうが治りが早いと医師から告げられ、もう片方の耳も切開していただきました。 切開したあとは鼓膜は自然に塞がってくると医師より説明を受け、両耳とも膿をとってもらい、抗生物質を処方していただきました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 風邪をひいたあと、左耳の痛みと耳垂れ発熱があり耳鼻咽喉科を受診しました。 鼻から細菌が入ったとのことで、耳を清潔にしてもらい、点耳薬での治療になりました。 病院で点耳をしてもらい、同じ点耳薬タリビットを処方してもらい、1日3回点耳しました。 また、最初の3日間は毎日耳鼻咽喉科へ行き、耳を清潔にしてもらい、耳鼻咽喉科にて点耳してもらいました。

もっと読む