あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

中耳炎の体験談

膿がたまっており、感染予防の観点から、抗生剤をのみはじめました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2015年8月
抗菌薬クラビット500ミリ

中耳炎とは

耳は外側から、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)と3つの部分にわかれています。中耳炎とは、真ん中の中耳の部分に細菌やウイルスなどが侵入して炎症をおこし、耳が痛くなる、耳だれなどの症状があらわれる状態をいいます。

中耳炎の症状

満足度

鼓膜に穴が開くなど、後遺症なく、きちんとなおりました。

副作用

治療履歴

2015年8月
抗生剤

病気と症状について

風邪をひいたさい、鼻をよくかんでいたのが原因で、内耳に菌がはいり、耳がかなりいたくなりました。耳鼻科で診察のけっか、耳に膿がすこしたまっていることがわかれ、炎症がおこっているとのことで、治療が必要でした。

参考:中耳炎にかかった他の人の症状は...?

当時5歳の娘が、最初は鼻をぐずぐずさせていたので、鼻かぜをひ...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

娘が1歳3ヶ月の頃、咳と鼻水が出始めその後39度台の高熱が出...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

中耳炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ抗菌薬(抗生物質)を選んだか

膿がたまっており、感染予防の観点から、抗生剤をのみはじめました。

参考:他の人が抗菌薬を選んだ理由は...?

医者が処方してくれた薬で、点耳薬は嫌がったので抗生物質を主で...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

先生のお話により。 毎年かかっていたので今までに服用したこ...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

他の人が抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

抗菌薬とは

起炎菌を除去するために抗菌剤を投与します。抗菌薬にはセフェム系、ペニシリン系、マクロライド系、キノロン系などの種類があり、それぞれ効果のある細菌の種類が異なるため、効果のある、最適な種類の薬を選んで使用します。重症度に応じて、飲み薬の服用や点耳薬、点滴での投与が選択されます。

「抗菌薬」の概要

抗菌薬(抗生物質)の効果について

いたみが数日間はつよかったため、痛み止をのみました。また、ひやすことで、痛みが緩和されました。膿がたまっていたため、抗生剤をのみはじめたら、はれもひいていきました。

参考:他の人が感じた抗菌薬の効果は...?

抗生物質を1週間出してもらい、朝、昼、晩の1日3回欠かさず飲...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

抗生物質を飲み1日くらいで耳の痛みが消えてきました。 それ...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた抗菌薬の効果をもっと読む

治療期間

治療期間3ヶ月

治療に関する費用

薬剤1000円

副作用について

なし

参考:他の人が感じた抗菌薬の副作用は...?

副作用はありませんでした...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

副作用はありません。...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた抗菌薬の副作用をもっと読む

中耳炎を患っている方へのアドバイス

わたしのかよっていた耳鼻科では、できるかぎり、抗生剤は、のむことをすすめませんが、腫れがつよいばあいは、のんだほうがよいとおもいます。医者の判断によります。中耳炎は、なおるまでに、時間を要しますが、根気強く、通院し、完治させましょう。

参考:中耳炎を経験した他の人のアドバイスは...?

はじめはただの風邪かと思いましたが、受診して初めて中耳炎と分...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

抗菌薬は独特な味がするので嫌がったり飲んでくれなかったりしま...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

中耳炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月10日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

中耳炎の体験談をもっとさがす

抗菌薬(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす