あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)中耳炎

概要

耳痛を抑えるために飲み薬を使用します。また、抗菌剤と併用することで、鎮痛薬が少量で済みます。

適用される患者

症状が軽く鼓膜の変化が少ない方

他の治療法に比べての優位性

鎮痛薬だけで治れば副作用が少なく、体への負担も少なくて済みます。

留意すべきこと

胃の痛みやムカつきなどの副作用がでることがあります。

副作用と対策

消化器障害

胃の粘膜が荒れて、悪心、嘔吐、食欲不振、腹部の不快感などの症状があらわれることがあります。

刺激の少ないものを食べましょう。症状が重い場合は医師に相談しましょう。休薬することで症状はやわらいでいきますが、胃腸の症状を整える薬を投与しながら治療を継続することもあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

服用期間:症状や痛みの度合いにより異なります。

更新日:2016年10月26日

参照元:(小児小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版日本耳科学会日本小児耳鼻咽喉科学会日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会http://www.jsiao.umin.jp/pdf/caom-guide.pdf(閲覧日:2015年9月29日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月29日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

非ステロイド抗炎症薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

非ステロイド抗炎症薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。