あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

外耳炎(外耳道炎)

外耳炎とは

耳の中は外側から「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分かれています。外耳の大半は、外から集めた音を増幅させて伝える「外耳道」が占めており、この外耳道に感染がおこった状態を外耳炎とよびます。
痛みやかゆみが症状の中心ですが、耳垂れや発熱といった症状をともなうことも少なくありません。放置しておくと、耳鳴りや難聴につながることや、違う病気の原因になることもあります。

症状と原因

発症すると痛みやかゆみを感じるようになります。それに加えて、膿のような分泌物が耳の中から出てくる「耳垂れ」も発生することがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

炎症の状態や痛み、かゆみなどの症状を確認した上で治療法を選択します。治療方法は、主に以下の方法に分かれます。
(1)薬物の投与
(2)膿や耳垢などの除去
(3)外科手術
(1)はほとんどの場合に行います。使用する薬は症状を確認した上で決めます。多くは抗生物質や副腎皮質ステロイド薬を配合した軟膏、抗生物質などの内服薬、点耳薬などを使用します。真菌(かび)が発見された場合は、抗真菌薬も使用します。痛みが強い場合は、鎮痛剤を使用することもあります。
膿や耳垢などが多い場合は(2)を先に行います。吸引器を用いることが多いですが、膿がたまっているのに出てこない場合は、切開して膿を取り除きます。
外耳道の腫れや耳垂れが悪化して耳がふさがれている場合は、(3)による治療を行う可能性があります。

更新日:2017年01月31日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす