あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

骨粗しょう症の症状と原因

症状 - どんな症状がでるか

潜伏期間と初期症状

特徴的な初期症状が少なく、背中が丸くなる、身長が縮む、またそれにともなう痛みなどの症状が徐々におこるため気づきにくい病気です。また、そのような状態でも痛みがない場合もあります。

進行時の症状

骨粗しょう症による骨折は背骨、足の付け根、腕の付け根、手首などにおこりやすいとされています。背骨の骨折により腰痛や背中が丸くなる、身長が縮むなどの症状がおこることがあります。また、足の付け根を骨折した場合は歩行が難しくなり、寝たきりの原因になる場合があります。

疫学 - かかりやすさ、かかりやすい人

かかる割合(罹患率)

※現在調査中です

年齢によるリスクの上昇度合

40代以上で年齢と共にリスクがあがる傾向にあります。また、男性よりも女性に多くみられます。

原因や遺伝の影響 - 病気になる理由

骨組織では、古い骨をこわす骨吸収と、新しい骨をつくる骨形成が常に行われています。このバランスが加齢や薬の副作用によってくずれ、骨吸収に骨形成が追いつけなくなると骨がもろくなり骨粗しょう症の原因となります。また、家族に骨粗しょう症の方がいる場合はおこりやすいといわれています。

分類 - 病気の種類や段階

【原因による分類】
■原発性骨粗しょう症:閉経や加齢による女性ホルモンの不足、栄養不足、運動不足、遺伝などによるもの
■続発性骨粗しょう症:骨粗しょう症以外の病気、薬によるもので、原発性副甲状腺機能亢進症やクッシング症候群、糖尿病、関節リウマチ、長期間のステロイド薬の服用などにともないおこることがある

検査 - 病気の特定方法

問診 状態の確認病気の有無

問診により、骨粗しょう症を引きおこしやすい病気がないかを確認したり、原因となる薬を服用していないか、食事や運動状況、家族の骨粗しょう症の有無などを確認することがります。また、背が縮んでいないか、背骨の曲がり具合、腰痛の有無などを調べることもあります。FRAX(ふらっくす)は問診の一種で、年齢や骨折歴、喫煙の有無など12個のチェック項目でできた質問票に回答することにより、将来の骨折リスクを調べることができます。また、薬物治療開始の判断に使われることもあります。

DXA法 病気の有無

二種類の異なるエックス線を測定部位にあて、骨量を調べる検査です。背骨や太もものつけねの骨密度を調べる事ができます。短時間で行えるほか、痛みもなく服を着たまま仰向けになるだけで行うことができます。また、放射線による被爆も少ないというメリットがあります。

QUS法 病気の有無

超音波を使った検査で、イスに座ったままかかとの骨密度が測定でき、痛みもありません。検診や人間ドッグでよく行われています。

血液検査 病気の有無

採血を行い、血液中の骨代謝マーカーを調べることで、骨密度の変化を推測することが可能とされる検査です。骨の代謝が正常に行われているかという点や、薬の治療効果などを確認することができます。

骨代謝マーカー検査 病気の有無

採尿を行い、尿から骨代謝マーカーを調べる検査です。骨の代謝が正常に行われているか、薬の治療効果などを調べることができます。尿の採取の時間等、注意がある場合があるため確認しておきましょう。

エックス線検査 (画像検査) 状態の確認

エックス線を体表に照射してからだの中の臓器や骨などの状態を画像に記録し確認する検査です。一般にレントゲン撮影ともよばれます。ごく微量ながらも放射線被爆をともないますが、からだへの負担が少ないため、広く行われる検査法です。
骨粗しょう症の場合、背骨の撮影を主に行い骨折や骨の変形がないかを確認したり、症状の進行程度を調べることができます。

骨粗しょう症になった人の様子や痛みなどの自覚症状は?

腰痛になり整形外科へ行きそれでも痛みが治らないのでたまたま健診で内科ににいったところそこで骨密度をはかってもらった。そうしたら数値が低く薬を...

(続きを読む)

健康診断で骨粗しょう症の検査を受けて要検査となり骨密度が少し低いと言われた。腰椎L1 73%からL4 80%、左大腿骨 頸部65% 全体76...

(続きを読む)

骨塩定量の検査で 著しい減少がみられた Zスコアが2014年 100が 2016年87に減少 Tスコアが2014年86が2016年...

(続きを読む)

予後 - 治療の経過と再発

治療後フォローと再発

骨密度は、薬により一度回復した場合であっても、服用中止により再び低下してしまうため、きちんと治療を続けることが重要です。ただし、十分に骨密度が回復した場合、医師の判断で治療を中止する場合もあります。治療を中止した場合でも女性は40歳を過ぎたら定期的に、とくに閉経後の女性は、可能であれば1年に1度検診を受けたほうがよいとされています。
骨折を防ぐためには、バランスのよい食生活と適度な運動で、骨密度と筋力を保ち、転ばないからだづくりを目指しましょう。また、喫煙や過度のアルコールは骨に必要なカルシウムの吸収を低下させてしまうため、注意が必要です。

合併症と転移

骨折や、骨から溶け出したカルシウムの沈着による動脈硬化や高血圧などの合併症がおこりえます。また、背骨の骨折により背中や腰が曲がってしまうと、それが内臓を圧迫し、逆流性食道炎や呼吸機能の低下を引きおこす場合もあります。

骨粗しょう症を経験した人からのアドバイス

私の場合は圧迫骨折にて手術入院致し、退院後36ヶ月も通院治療致しましたが、現在も背中及び腰の痛みを我慢しての日々です。約...

(続きを読む)

人間はおろかですね 長い年月生きていて何度も聞いたり言われたりしているのにいざ症状がでたときに後悔します。やっておけばよ...

(続きを読む)

参照元:(慶應義塾大学病院医療健康情報サイトhttp://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000162.html(閲覧日:2015年年10月4日),骨粗しょう症の予防と治療ガイドライン2011年版骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会http://www.josteo.com/ja/guideline/doc/11_2.pdf#search=骨粗しょう症治療マニュアル(閲覧日:2015年年10月4日),日本療術師協会http://www.ryojutsu.or.jp/zenryoukyou.html(閲覧日:20154年10月4日),刈谷富田総合病院http://www.toyota-kai.or.jp/hospital/advance/bkp.html(閲覧日:2015年年10月4日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月19日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

治療ノートの編集方針

更新日:2016年12月27日

骨粗しょう症の体験談

みんなの症状について