あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

骨密度の低下や骨を構成している骨組織(こつそしき)の構造が変化することによって骨がもろくなり、骨折しやすくなる全身の病気です。他に原因となる病気がなく、主に加齢により生じる原発性骨粗しょう症(げんぱつせいこつそしょうしょう)と、薬や他の病気によって生じる続発性骨粗しょう症(ぞくはつせいこつそしょうしょう)があります。

症状と原因

特徴的な初期症状が少なく、背中が丸くなる、身長が縮む、またそれにともなう痛みなどの症状が徐々におこるため気づきにくい病気です。また、そのような状態でも痛みがない場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

続発性骨粗しょう症の場合、その治療は原因となる病気の治療または原因となる薬の減量、中止が原則となります。
原発性骨粗しょう症は以下の場合、薬物治療の開始が検討されます。
■太もも付け根の骨折もしくは背骨の骨折がある場合
■上記以外の骨折があり、骨密度が若年成人平均値(YAM)の80%未満の場合
■骨折はないが、骨密度が若年成人平均値(YAM)の70%未満、太もも付け根の骨折の家族歴がある、FRAXの10年間の骨折確率が15%以上の場合

更新日:2018年12月03日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす