あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

高次脳機能障害(器質性精神障害)

高次脳機能障害とは

器質性精神障害は、脳神経の異常によっておこる精神障害です。脳梗塞や脳外傷などのように脳そのものの器質的病変が原因で発症する場合と、糖尿病や肺疾患といった疾患の影響で脳機能に障害が生じて発症する場合があります。また、感染症が原因で発症することもあるといわれています。症状として、抑うつ状態、アパシー(感情がわからなくなる状態)、幻覚、妄想、情緒不安定などがあらわれます。

症状と原因

記憶や知能の低下、生まれもった性格の変化という認知症の症状と、注意力が散漫になりぼんやりした状態が続く軽度の意識障害の症状がおこります。

体験談

体験談を見るにあたって

治療法は何が原因で精神症状がおきているのかにより異なります。
急性器質性精神障害の場合、原因となる病気(例えば感染症、脳梗塞、脳出血など)の治療を優先します。
治療方法は原因となる病気により異なり、精神症状が激しい場合は薬物療法での治療をあわせて行います。

更新日:2016年02月17日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす