あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

耳管開放症

耳管開放症とは

耳と鼻の間にある「耳管」が常に開いた状態になる状態をいい、耳がつまった感覚の「耳閉感」や自分の声や呼吸音が大きく聞こえるなど様々な症状があらわれます。

症状と原因

「耳閉感」を覚えるようになり、さらに自分の声が大きく反響して聞こえる「自声強調」、呼吸音がいつまでも聞こえる「呼吸音聴取」という症状があらわれてきます。

体験談

体験談を見るにあたって

問診を経て、生活習慣に問題点があれば改善します。
水分の補給や耳周辺のマッサージを行い、耳管周辺の血行を活性化させることで、症状が好転することもあります。
軽症の段階では、薬物投与を中心とした治療が中心になり、多くはトランキライザーや漢方薬などを使用します。
薬物中心の治療を数週間続けてもよくならない場合は、局所的な治療法を行います。
それでも好転しない場合は、外科的な治療法を検討します。

更新日:2018年05月20日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす