あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)のSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の「SSRI」に関する体験談をまとめています

このページでは、強迫性障害のSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
確認行為が増え、不安感や恐怖感を感じ、いつもと違う感じがしたので受診しました。 (20代女性)」や「医者がすすめるから。それ以上でも以下でもない。なぜなら自分で判断つかないから。 (20代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全85件

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)とは

薬物療法のなかで第一選択薬として処方されます。
神経伝達物質であるセロトニンの神経細胞による再取り込みを阻害することで、セロトニンの量を増やし、強迫観念や不安な気分を緩和させる働きのある抗うつ薬です。
強迫観念がやわらぐのを実感するまでに6~8週間かかるといわれています。

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の詳細はこちら

更新日:2017年07月10日

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

強迫性障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす