あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の森田療法(精神療法)の体験談

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の「森田療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、強迫性障害の森田療法(精神療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
薬のように身体に負担がかからず、自分の考え方の癖などを治せると思ったので。 (20代女性)」や「薬は飲みたくなく、一時的に効くもの、薬をやめたらまた症状が出るという気がした。根本から治したかったから (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-6件目を表示/全6件

森田療法(精神療法)とは

森田療法は80年以上前からあり、入院を基本とする精神療法のひとつです。
不安で頭がいっぱいになる強迫観念を、よりよく生きようとするための欲望ととらえ、あるがままに認め受け入れていく方法です。
入院後7日間は横になって過ごし、医師が1日1回程度問診を行います。その後、病棟の生活や自然を観察し、簡単な片付けなどの作業から始め、徐々に日常的な行動を取り入れていきます。自主的に行動することで、気分や不快な症状からとらわれることがなくなるとされています。

森田療法(精神療法)の詳細はこちら

更新日:2017年07月10日

森田療法(精神療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

強迫性障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす