あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の精神分析療法の体験談

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の「精神分析療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、強迫性障害の精神分析療法を経験された方の体験談を掲載しています。
体への負担が大きく、もうしたくないと思ったから (20代女性)」や「最初に受診したとき、神経の働きを抑えることで症状を改善したほうがいいという診断があったから。 (30代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-21件目を表示/全21件

精神分析療法とは

医師や心理療法士との面接を行い、心の奥底にある強迫観念の原因を究明し病状を解決する治療法です。
医師との面接では、思い浮かぶことを次々と自由に話していきます。医師や心理療法士が悩みや不安を聴き理解をして支持をすることで、強迫性障害の方の気持ちを楽にすることができます。このようにして精神的に自立させ回復させる効果があるため、精神支持療法のひとつともされています。
初期は薬物療法と併用して行なうこともあります。

精神分析療法の詳細はこちら

更新日:2017年07月10日

精神分析療法以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

強迫性障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす