あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

強迫性障害(強迫症、強迫神経症、OCD)の体験談

医師が診断し決めたことなので、他に選択肢はありませんでした。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:1996年9月
SSRIパキシルユーパン

強迫性障害とは

つまらないことと分かっていても、そのことが頭から離れないという強迫観念を常に持ち、何度も同じ確認を繰り返すという強迫行為をしてしまうことで日常生活に支障をきたす不安障害のひとつです。例えば、外出をする際に戸締まりをしたかということが気になり(強迫観念)、何度も帰宅して確認をします(強迫行為)。重症になると自分で確認をしたうえで、信頼できる方にも繰り返し確認を依頼するようになります。
はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレスや脳炎、脳血管障害、てんかんといった脳血管障害から発症する可能性もあるといわれています。

強迫性障害の症状

満足度

なおらないからです。新幹線や特急に乗れないだけでなく、一人では3駅先に行くのにも発作の恐怖が伴います。

副作用

治療履歴

1996年から初めての薬の名前は忘れました。つぎにリーゼ5mgとソラナックス10mg、次にパキシル30mg+ソラナックス10~20mg、妊娠中はパキシル5mg+ソラナックス10mgからパキシルmgとデパス、ユーパン、メイラックスなど(重さは不明)になり、現在はパキシル20mgとロラゼパム10mgです。近いうちに減薬を開始します。

病気と症状について

日々のストレスから呼吸になり、救急搬送されました。そのご、総合病院の精神科にかかるも、薬が強すぎたのか自殺未遂し、他の病院にかかっているという親戚の知人から紹介され、現在の病院にかかりはじめました。リーゼとソラナックスでの治療開始から5年くらいたった頃にパニック傷害という病名を新聞で見かけ、医師に話したところ、最近はそういう風に呼ぶと言われました。それ以降、パキシルとソラナックスが用いられ、妊娠を期に更に悪化して、ユーパンやデパスなどの薬が処方され、出産後からはパキシルとユーパン(ロラゼパム)に処方が変わり、現在に至ります。

参考:強迫性障害にかかった他の人の症状は...?

強い不安感で動悸がするようになり、精神科を受診。幼い頃からの...

(続きを読む)

ある日の夜突然隣人が家を放火しようとする強迫観念がわいてしま...

(続きを読む)

強迫性障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

医師が診断し決めたことなので、他に選択肢はありませんでした。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

強迫症状にきくから ジェネリック医薬品でおそらくそこまで副...

(続きを読む)

医者がすすめるから。それ以上でも以下でもない。なぜなら自分で...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

薬物療法のなかで第一選択薬として処方されます。
神経伝達物質であるセロトニンの神経細胞による再取り込みを阻害することで、セロトニンの量を増やし、強迫観念や不安な気分を緩和させる働きのある抗うつ薬です。
強迫観念がやわらぐのを実感するまでに6~8週間かかるといわれています。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

初めて処方されたときは、吐き気とシャッシャッという水が流れるような音が拍動に合わせて聞こえていました。
今は吐き気がなくなり、時々シャッシャッと聞こえるだけです。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

少しずつですが、強迫症状がうすれたり、不安感やイライラ、鬱症...

(続きを読む)

薬を飲んだ後しばらくボーっとするだけで、特段変化は感じられず...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

今年で21年目、現在も治療中。

治療に関する費用

頓服を含めば、1ヵ月あたり3000円強かかります。

副作用について

初めて処方された薬の名前は忘れましたが、自殺未遂しました。パキシルでは吐き気と、耳の後ろでシャッシャッという水が勢いをつけて流れるような音が、拍動に合わせて聞こえていました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

副作用かわかりませんが、かなりひどい全身の震え...

(続きを読む)

薬を飲むとボーっとして眠くなる。その他、太るなどの体系変化。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

強迫性障害を患っている方へのアドバイス

気分転換に散歩するにも、家から1歩でるのにも薬を持っていないと、とてもではないけれと恐怖が襲ってきて出掛けられない。友達にも打ち明けられず、温泉に行きたくても行けない、遠方の親戚の冠婚葬祭に参加できない、子どもと特急に乗ってあげることもできないのが悔しい。自分の行動範囲がとにかく狭まってきていることに危機感を覚えています。

参考:強迫性障害を経験した他の人のアドバイスは...?

何度も確認をしないと気が済まず、外出ができなかったり、外出し...

(続きを読む)

今から思うと辛くても心療内科や精神科には行ってはいけない。行...

(続きを読む)

強迫性障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月13日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

強迫性障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす